【基礎編4】 三次元測定での円の測定について

円の測定とは?
三次元測定を行う際に、恐らく最も測定する頻度が高いのが円の測定になると思います。
円の測定を行うことで、直径、真円度、ピッチ、同芯度などの幾何公差の評価をすることができます。

そこで、今回は円の測定について解説していこうと思います。

円の測定について
円を測定する場合、最低3点の点を測定する必要があります。
3点の点を測定した場合、必ず3点を通る円ができます(真円度0の円)。
円を測定することで、使用するソフトにもよりますが、直径、真円度、中心点がわかります。

円測定時のポイント
円の要素を作る際、必ず真円になります。
真円というのは、円のばらつきが0の円ということです。
ただし、測定する物は絶対に円のばらつきが0ということはありえません。

ここで大事になることが、3点で円を作ると必ず3点を通る円(ばらつきが0の円)になってしまうということです。
もし、3点の内、1点うまく測定ができていない場合は、その点も通る円ができてしまいます。

そこで、弊社では必ず円を作る際の最低点数(3点)+1点以上は測定するようにしています。
4点測定をして円を作る場合、必ず全ての点を通ることはできません。
4点以上の点を測定した円は、その円に対して最大、最小の誤差(真円度)を出すことが可能です。
また、8点で円を測定することで、45度振り分けで測定することができ、より円の測定への信頼度があがります。

真円度の結果が悪い場合、以下の可能性があります。
・測定した点がうまく測定できていない
・楕円になっている

もし、真円度が悪い場合は、測定時にゴミなどがあり、測定誤差が出ている可能性もあります。
また、どういう加工方法を行ったかにもよりますが、加工機の精度が出ていないなどの可能性もあります。
真円度を常に意識することで、より正確な測定を行うことが可能です。

2022年07月23日

«【基礎編3】 三次元測定での基準面の考え方
【基礎編5】 三次元測定での線の測定について»