【基礎編7】 三次元測定での投影の考え方

投影とは?
三次元測定での投影という考え方は非常に大事になってきます。
難しく考えると余計わからなくなると思いますので、三次元測定での投影の考え方について、できる限り簡単に解説していこうと思います。

簡単にいうと、高さを揃えてあげることです。
原点を作る場合、基準面上をZ0したいことが多いと思います。
その場合、点を測定する位置は赤丸の位置だが、線の位置は基準面上に移動させてあげることができます。
これを投影といいます。
投影することで、この2線のZは0となります。
そのため、投影した線で作成した交点は基準面上(Z0)の位置に作成することができます。

また、投影の有無で測定結果が大きく変わってしまう場合として、円の測定があります。
4点で円を作成する場合、4点の高さ(Zの値)を全く同じで測定することは不可能です。
実際の測定結果では必ずZの値に多少のばらつきが出てしまいます。
その状態で円を作成した場合、斜めに円が出来てしまう可能性があります。
斜めに出来た円は実際の円より直径が大きく出てしまうため、測定結果としては問題です。

そのため、円を測定する際には必ず投影を行い、円を測定することが大事です。

2022年07月23日

«【基礎編6】 三次元測定での交点の作り方
【基礎編2】 三次元測定での面の測定について»