【基礎編2】 三次元測定での面の測定について

今回は三次元測定を行う際の面の測定について解説していこうと思います。

三次元測定を行ったことがない人からすると、面というのはあまり馴染みがないかもしれません。
ただし、三次元測定を行う上では、面は最も重要な要素と言ってもいいです。

なぜ面が重要?
座標系を作る際に、まず行うこととして、基準面を作る場合が多いです。
基準とする面がうまく測定できていない、変な場所で面を作っている場合はその後の測定結果に影響が出ます。
まずは、面の測定が大事だということを覚えておいてください。

面の測定について
面を測定する場合、最低3点の点を測定する必要があります。
3点の点を測定した場合、必ず3点を通る面ができます。
そして、面を作ると面に対して垂直(面直)な線もできます。
この線を作ることが面の測定を行う一番の目的でもあります。
この線をZの基準(Z軸)と測定機に教えてあげることで、測定機はこの線上はどこまで行ってもX,Yは変わらない基準だとわかります。

面測定時のポイント
面の要素を作る際、必ず平面になります。
平面というのは、面のばらつきが0の面ということです。
ただし、測定する物は絶対に面のばらつきが0ということはありえません。

ここで大事になることが、3点で面を作ると必ず3点を通る面(ばらつきが0の面)になってしまうということです。
もし、3点の内、1点うまく測定ができていない場合は、その点も通る面ができてしまいます。

そこで、弊社では必ず面を作る際の最低点数(3点)+1点以上は測定するようにしています。
4点測定をして面を作る場合、必ず全ての点を通ることはできません。
4点以上の点を測定した面は、その面に対して最大、最小の誤差(平面度)を出すことが可能です。

平面度の結果が悪い場合、以下の可能性があります。
・測定した点がうまく測定できていない
・加工時に歪みが出ている

平面度を常に意識することで、より正確な測定を行うことが可能です。

2022年07月21日

«【基礎編7】 三次元測定での投影の考え方
【基礎編8】 三次元測定での座標系の作り方»