【基礎編1】 三次元測定を行う際の基準とは?

三次元測定を行う上で基準が最も大事な要素となります。
測定を行うだけであれば、操作方法だけ覚えてしまえばそれほど難しくないですが、基準の取り方を理解していないと、その後の測定結果が正確ではなくなってしまう場合があります。
特に三次元測定機での測定は、マイクロメーターなどの汎用の測定具と違い、基準の取り方、測定方法によって測定結果が変わってしまうことがあります。

そこで、今回は三次元測定を行う上での基準の考え方について、解説していこうと思います。

基準とは?
簡単に言うと、測定を行う前の準備段階として、何もない空間にX,Y,Zの座標系を作ることです。
基準がない状態=測定機は何も見えない状態です。
そこで、測定機に一つずつここがX,Y,Zの基準だよ。と教えてあげる必要があります。
そうすることで、測定機は測定対象物の位置を認識することができます。

X,Y,Zの座標系とは?

簡単に言うと、測定を行う上での基準です。
三次元測定の基準とする場合、X,Y,Zを使用します。
X,Y,Zの関係で3つ重要な点があります。
1、X,Y,Zの位置関係は変わらない
2、各軸は必ず直角になる
3、各軸には+方向がある
測定対象物にX,Y,Zの座標系を決めて測定を行うことが一般的です。
そして、X,Y,Zの交わる点を原点として測定を行います。(違う場合もありますが、まずはそのように覚えるとわかりやすいです)

X,Y,Zの座標系を作ることで、初めて測定した位置の座標値を表すことができます。

2022年07月21日

«【応用編2】 三次元測定での円の測定について
愛知県でFOCUSを使用した工場内の3Dスキャン~干渉チェック»