【基礎編5】 三次元測定での線の測定について

線の測定とは?
三次元測定を行う際に、線を測定する目的の中で多いのが、原点(交点)と基準軸を作るためです。
また、距離を評価する際にも点と線、円と線などの要素で行うことがあります。

線の測定について
線を測定する場合、最低2点の点を測定する必要があります。
2点の点を測定した場合、必ず2点を通る線ができます。(真直度0の円)

円測定時のポイント
線には方向があります。
線を測定する際に、1点目から2点目の方向に+方向の線ができます。
ただ、線を測定するだけであれば、方向は気にしなくてもいいですが、その線を軸の基準などに使用する際は方向が大事になってきますので、覚えておきましょう。

2022年07月23日

«【基礎編4】 三次元測定での円の測定について
【基礎編6】 三次元測定での交点の作り方»