【基礎編6】 三次元測定での交点の作り方

交点とは?
交点とはその名の通り、交わる点という意味です。
何が交わるのか?
例えば、線と線が交わる場合、交わる場所に点を作ることができます。

交点の作り方
線を測定することで、2線の交点を求めることもできます。
下図のように、実際には線が交わっていませんが、延長すると交わる部分に交点を作ることが可能です。(青色点が交点)

また、2線だけではなく、交わって、X,Y,Zの位置が決まる物は交点を作ることができるため、下図のように面と線などの要素でも交点を作ることができます。

交点作成時の重要なポイント
交点を作る際に投影という考え方も大事になってきます。
投影の有無で測定結果に影響してしまう場合があります。

2022年07月23日

«【基礎編5】 三次元測定での線の測定について
【基礎編7】 三次元測定での投影の考え方»