【基礎編3】 三次元測定での基準面の考え方

座標系を作る上で基準面が最も重要だという説明をしましたが、なぜ重要なのか?という点について解説していこうと思います。

基準面の考え方
測定した面を基準面とした場合、測定機ではどのような考えをしてるでしょうか?
極端に説明すると、測定機に対して測定物が傾いていたとしても、測定した面を基準面(Z軸)とした場合、あくまで測定した面の垂線が基準となり、測定機が傾くイメージです。

その状態で測定を行うと、基準面に対して、垂直な距離がZの測定結果となります。
どの面を基準にするかで、それ以降の「何に対して垂直な距離」か?というのが決まります。

2022年07月21日

«【基礎編2】 三次元測定での面の測定について
【基礎編4】 三次元測定での円の測定について»