2、GALAXY-EYE VIEWERの操作方法(画面操作)

GALAXY-EYE VIEWERの起動後の操作方法のご紹介をさせて頂きます。

1、ショット密度を選択(推奨値1/4、1/8)
3Dスキャンした点群データは非常にデータ量が大きいため、弊社からVIEWER用データに出力する際に約1/4程度に点を減らしています。
ショット値は減らした状態の点群データを開く際に、さらにどれだけ減らして表示するかを選択しています。
1/8でもパソコンの動作が遅くなる、停止してしまうなどの場合はもっと密度を下げてください。

2、画面操作
点群データが表示されたら、次は画面の操作をしてみましょう。
基本的な操作としては、【ctrl】+クリックなどになります。
まずは、【回転】【移動】【ズーム】などの操作に慣れてみましょう。

2022年07月12日

«群馬県でレーザートラッカーを使用した水力発電用配管の基準出し作業
3、GALAXY-EYE VIEWERの操作方法(寸法計測)»