岐阜県でレーザートラッカーを使用した風力発電用大型部品の三次元測定-1

2014年10月
今回は静岡県にある、大手鋳物メーカー様への出張測定でした。

経緯

大型の鋳物部品を受注したが、測定できる設備を持っていないそうです。
特に今回の部品は、風力発電に使用する部品のため、
非常に高精度が要求される部品でした。

さらに、非常に薄い部分があり、加工後に変形が起きやすいため、
ただ、測定をするだけではなく、円の傾向などもお客様は知りたかったそうです。

測定内容

大型部品の中央に、ベアリングがはまる直径1ⅿ程度の穴と、
その周りにある穴の位置関係に厳しい公差がありました。
 
φ1000ぐらいある穴のため、温度によってすぐに1/100単位で変化してしまいます。
そのため、温度変化が少ない朝1番での測定を行うことになりました。
 
大型の製品なので、穴径を測定しているだけでも時間がかかってしまい、
温度変化が起こっている可能性もあったので、測定が正しいかどうか3度測定して確認しました。
特にこれだけ大きいと、楕円になっている可能性もあるので、
単純に穴径を出すだけではなく、穴がどうのような傾向にあるのかも評価しました。
 
それにより、お客様も加工方法の検討や、最終ユーザー様に具体的に説明することが可能になります。
弊社でも大物の製品の場合は特に注意して測定するように心がけております。

測定方法レーザートラッカーを使用し三次元測定
ワークサイズ3m×4m×2m
測定日数1日

2015年01月22日

«愛知県でアーム型ポータブル三次元測定器を使用したバイクモデルのスキャン測定
愛知県でアーム型ポータブル三次元測定器を使用した自動車部品のリバースエンジニアリング »