岐阜県 プラスチックパレット スキャニング測定・比較 アーム型ポータブル三次元測定器

OIP2016年11月
今回は岐阜県でプラスチックパレットを製作している会社様の製品を社内に持ち込み測定しました。

【経緯】

お客様の工場では、プラスチックパレットを製作しており、
数多く積み重ねた際に傾いてしまい、最悪の場合倒れてしまうことがあるそうです。

今までは手で簡単な測定はしてきたそうですが、
実物がデータに対してどのくらい誤差があるのかを、
測定してみたいとのことでご依頼頂きました。


【測定方法】

プラスチックパレットのスキャニング測定
スキャニングしたデータとCADデータとの比較

【ワークサイズ】

1300×1300×200

【測定日数】

1日

【測定内容】

アーム型ポータブル三次元測定器を使用して、プラスチックパレットをスキャニング測定しました。
スキャニング測定したデータ(STLデータ)とCADデータをソフト上で合わせ色比較をしました。
CADに対して凸を赤色、凹を青色として、凹凸を分かりやすくしました。
結果をお客様に提出した後、とても見やすい結果で大変ご満足いただけました。
 

【スキャニング測定・比較】
スキャニング測定は、リバースエンジニアリングでも使用されますが、
スキャニング測定データを基に、CADデータや別のスキャニング測定データとの比較も行えます。
2つのデータをソフト上で合わせることにより、色で誤差を出せるため、
傾向がわかりやすい結果をご提出することが可能です。

 

色による形状評価

 
【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
その後の工程として、色々な方法があります。

・色による比較測定
・再現加工
・リバースエンジニアリング
 など、スキャンすることで色々な評価や製作をすることができます。

今回のような色による比較測定は、
どこで位置を合わせるかで、評価結果は大きく変わってくるため、
CADデータと位置合わせをすることが最も大事となります。

ただスキャンするだけではなく、どこを基準にスキャンするかを考えることが大事になります。
そこまで考えてから、スキャンを行うので、
最終的にお客様が求めている評価結果となります。

愛知県 自動車モデル スキャニングからリバースエンジニアリング アーム型ポータブル三次元測定器

車フロント2018年12月
今回は愛知県で自動車の車体モデルを製作している会社様での出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、開発中の自動車・バイクの車体モデルを粘土で作成しており、
粘土で形は作れるが、実物から3Dデータを作れないということで、ご依頼して頂けました。


【測定方法】

スキャニング測定、STLデータでの出力

【ワークサイズ】

普通乗用車(約4000×1800×1300)

【測定日数】

1日

【測定内容】

多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用し、
粘土で作られた車体をスキャニング測定しました。

光沢のある箇所は、現象材という反射を防ぐスプレーを掛け測定を行いました。

スキャニングはデータを取得するのにかかる時間が非常に早く、
車体1台をスキャニングするのに、1日で終えることができました。

その後、取得したデータ(今回はSTLデータ)を提出しました。

【スキャニング測定】
 
『製品があるのにデータ・図面がない』といった際に大活躍する測定です。
単純な形状であれば、ノギスや三次元測定機を使用して、データを作成することは可能です。
ただし、三次元形状の測定は困難です。
 

スキャニングは点群データを取得することができ、三次元形状でも簡単にデータ化することができます。
 
また、非接触のため、固定できない製品や接触できないような製品でも、測定が可能となります。
 
スキャニングは測定時間を大幅に短縮することが可能です。
接触式の測定機では再現できない箇所でもリアルに再現できるため、
効率良く且つ精度良く測定できます。

リバースエンジニアリングのご紹介

【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
ただし、データ化する目的を理解していないと、トラブルに繋がることも少なくありません。

・色による比較:点群データ
・再現加工:STLデータ
・リバースエンジニアリング:IGESデータ
 など、目的によって、どこまでデータ編集しないといけないかが変わります。

 また、どこまでデータ編集を行うかで費用も大きく変わってきます。
 
サワテツは自社でモノづくりをしているため、お客様が目的を達成するためには、
こういうデータが必要というのがわかります。
これがわかっているから、最適なスキャニングが可能です。

自動車 マット金型のリバースエンジニアリング

スキャンしたままのデータ

スキャンしたままのデータ

修正したデータ

修正したデータ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

2016年2月
今回は三重県にある、自動車用マットの製造を行っている会社様からのご依頼です。

【経緯】

今まで使用している型は現場でその都度修正しているため、
正式なCADデータがないとのことです。
ウォータージェットでマットを切断するために、
金型の面を再現する事と、トリムラインをデータ化したいというご依頼でした。


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータ、トリムライン提出

【ワークサイズ】

金型(約2000×1500×700)

【測定日数】

2日

【測定内容】
サワテツではレーザートラッカーを使用してトリムラインを測定し、
アーム型ポータブル3次元測定器を使用してスキャンを行いました。
 
今回はお客様も最終的にどういうデータがあれば良いかということが、
はっきりとわからないということなので、まずはスキャンしたデータを基に、
サワテツでデータを修正した物を見て頂いて、詳細を詰めていきました。

サワテツが提出したデータでトライをしてみたところ、
最初に修正したデータで、ウォータージェットで使用するプログラム作成ができました。

【スキャニング測定】
 
『製品があるのにデータ・図面がない』といった際に大活躍する測定です。
単純な形状であれば、ノギスや三次元測定機を使用して、データを作成することは可能です。
ただし、三次元形状の測定は困難です。
 

スキャニングは点群データを取得することができ、三次元形状でも簡単にデータ化することができます。
 
また、非接触のため、固定できない製品や接触できないような製品でも、測定が可能となります。
 
スキャニングは測定時間を大幅に短縮することが可能です。
接触式の測定機では再現できない箇所でもリアルに再現できるため、
効率良く且つ精度良く測定できます。

リバースエンジニアリングのご紹介

【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
ただし、データ化する目的を理解していないと、トラブルに繋がることも少なくありません。

・色による比較:点群データ
・再現加工:STLデータ
・リバースエンジニアリング:IGESデータ
 など、目的によって、どこまでデータ編集しないといけないかが変わります。

 また、どこまでデータ編集を行うかで費用も大きく変わってきます。
 
サワテツは自社でモノづくりをしているため、お客様が目的を達成するためには、
こういうデータが必要というのがわかります。
これがわかっているから、最適なスキャニングが可能です。

東京都 建設機械部品 三次元測定からの2D図面化

2015年12月
今回は愛知県にある大手建設会社様への出張測定でした。
 
【経緯】

自社で一から設計をして、建設機械を製作するということで、
既存のパーツの寸法を取得して2D図面化したいという内容でした。
大型の建設機となると、測定できる会社がなく、
困っていた中で、サワテツのHPを見てご依頼頂きました。


【測定方法】

三次元測定で寸法を取り、2D図面作成

【ワークサイズ】

2000×1500×800

【測定日数】

3日

【測定内容】

アッセンブリのパーツのため、レーザートラッカーを使用して、
組み付いた状態で位置関係を測定し、
ばらした後に各パーツの寸法を測定するという流れになります。

様々な方向から測定をする必要があるため、
同じ座標のままレーザートラッカーを移動して測定をするというのを、
繰り返し行います。

そのデータを基に、CADで2D図面を作成していきます。

【三次元測定】
 
レーザートラッカーを使用すれば、
現地で三次元座標を作成することが可能です。
現地で測定ができるため、大型の部品や、
今回のようなアッセンブリした部品でも測定が可能です。

 

→三次元測定動画のご紹介


 
【サワテツの強み】
 
三次元測定と図面作成を個別に行える会社は数多くいると思います。

慣れていない作業者が行うと、無駄な時間ばかりかかってしまいます。
無駄な時間=コストUP
 
ただし、サワテツはその両方を同じ作業者ができるため、
測定しながら、図面作成を同時に行うことができます。

図面を作成するのに、必要な箇所のみ測定をすることができるため、
無駄な測定や、図面作成に不足した寸法がないです。

そのため、
最短で図面作成まで行うことができます。

京都府 医療用部品 スキャン~リバースエンジニアリング

キャプチャ

2014年10月
今回は京都府で医療用設備の部品設計をしている会社様からのご依頼でした。
製品も小さいことから、サワテツに郵送して頂き、後日データを提出する流れになります。

【経緯】
 
図面やデータがなく、3Ⅾプリンターで作られた部品しかない状況でした。
今回はその部品のデータを取り、CADデータが欲しいというご要望がありました。
最終的にはお客様の方で、CADのデータを参考にし、
データ作成をしていくことになりました。
 


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータでの出力

【ワークサイズ】

50×50×250

【測定日数】

1日

【測定内容】

今回の部品は基準として使用できそうな箇所がないため、
できる限り1回で全ての箇所をスキャニングする必要がありました。
 
そのため、社内で測定用の治具を作成し、
多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用してスキャニングを行いました。

その後、取得したデータ(今回はIGESデータ)を提出しました。
 

【スキャニング測定】
 
『製品があるのにデータ・図面がない』といった際に大活躍する測定です。
単純な形状であれば、ノギスや三次元測定機を使用して、データを作成することは可能です。
ただし、三次元形状の測定は困難です。
 
スキャニングは点群データを取得することができ、三次元形状でも簡単にデータ化することができます。
 
また、非接触のため、固定できない製品や接触できないような製品でも、測定が可能となります。
 
スキャニングは測定時間を大幅に短縮することが可能です。
接触式の測定機では再現できない箇所でもリアルに再現できるため、
効率良く且つ精度良く測定できます。

リバースエンジニアリングのご紹介

【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
ただし、データ化する目的を理解していないと、トラブルに繋がることも少なくありません。

・色による比較:点群データ
・再現加工:STLデータ
・リバースエンジニアリング:IGESデータ
 など、目的によって、どこまでデータ編集しないといけないかが変わります。

 また、どこまでデータ編集を行うかで費用も大きく変わってきます。
 
サワテツは自社でモノづくりをしているため、お客様が目的を達成するためには、
こういうデータが必要というのがわかります。
これがわかっているから、最適なスキャニングが可能です。