大阪府 航空宇宙 超大型部品 三次元測定 レーザートラッカー

日立造船
2018年4月
今回は大阪府で大型設備部品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、超大型の部品を製作しており、
大型のマシニングでピックゲージ等を使用し加工寸法の確認は出来るが、
精密な測定が出来ないそうです。
特に今回は航空宇宙関係の加工品なので、高精度に測定したいということからサワテツにご依頼を頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

8m×8m×8m

【測定日数】

2日

【測定内容】

超大型部品の穴径・穴ピッチ・距離・平面度をレーザートラッカーを使用して三次元測定しました。
大型部品のため、色々な方向から測定をする必要があります。
できる限り、同じ位置から測定をすることで、精度が安定します。
ただし、どうしても移動しないと測定ができない箇所が出たため、
レーザートラッカーを移動して、再度座標系を作り、測定をしました。

大物を測定する際は、機械の位置、座標系の取り方が非常に大事になります。
今回は測定器の移動を必要最小限に抑えて、測定をしました。


【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。

今まで測定できないと思っていた、大きな設備や部品でもレーザートラッカーの三次元測定なら可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

→三次元測定のご紹介

【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。
 

福岡県 風力発電用部品 三次元測定 レーザートラッカー

石橋 2015.8
2015年2月
今回は福岡県で風力発電用部品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、今回洋上風車用部品を受注したため、
高精度での部品製作が求められていました。
超大型の部品のため、測定する設備を持っておらず、
サワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

2.3m×2.3m×0.8m

【測定日数】

1日

【測定内容】

超大型部品の直径・穴ピッチ・位置度・同軸度・平面度をレーザートラッカーを使用して三次元測定しました。
 
超高精度での測定が求められたため、
測定時の振動を無くし、温度も一定に保ってもらいながら測定を行いました。
できる限り測定環境を良くすることで、測定の誤差を最小限に抑えることができます。

測定の際は、何度か同じ箇所を測定し、
測定結果にばらつきがないかも確認しながらの測定でした。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

→三次元測定のご紹介

【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

神奈川県 半導体装置 三次元測定 レーザートラッカー

2016年7月
今回は神奈川県の半導体装置メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
半導体装置の精度保証のために、可動部の移動前後の測定をしたかったそうです。
ただし、組付後の装置のため、お客様の工場で測定をしてくれる会社を探していたそうです。
 
その中でサワテツのHPを見て頂き、出張測定ができるということでご依頼頂きました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

1.5m×1.5m×2m

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
レーザートラッカーを使用して、半導体装置のプレート(固定側)で基準面を作成します。
その面を基準にして、三次元測定を作成します。
 
プレート(可動側)を一定間隔で測定し、プレート(固定側)に対しての座標を評価します。
 
その後、プレートを可動させた後に、同じ測定を行い、可動前後の数値を比較します。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
今回のような大きい範囲を三次元測定することも、
レーザートラッカーを使用をすれば可能となります。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

愛知県 工場建設 基準ボルト位置 三次元測定 レーザートラッカー

2019年2~4月 計5回
今回は愛知県で大手建設会社からご依頼を頂き、工場建設の測定を行いました。

【経緯】

大手自動車メーカー様の工場建設の際に、基準ボルトを測定したかったそうです。
建設業界では、レーザートラッカーはあまり知られていない為、
HPで大物の測定ができる会社を探していたところ、
サワテツがヒットしてご依頼頂きました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

80M×50Mの工場建設予定地

【測定日数】

計5日

【測定内容】
 
レーザートラッカーを使用して、
建屋の建設に使用する基準ボルトの三次元測定を、
セメントを流し込む前、後に測定をします。
 
建屋が広いので、5回に分けて測定を行いました。

今回は、建屋の工事も並行して行っている中での測定のため、
粉塵や振動が非常に多く、測定の際は細心の注意をしながらの測定でした。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。

今回のような大きい範囲を三次元測定することも、
レーザートラッカーを使用をすれば可能となります。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

→三次元測定のご紹介

【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品や部品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によっても測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

滋賀県 造船用大型エンジン 三次元測定 レーザートラッカー

ダイハツ
2016年1月
今回は滋賀県で造船用エンジンを製作している大手自動車メーカー様への出張測定でした。
 
【経緯】

部品毎では全て公差に入っていたそうですが、エンジンをアッセンブリすると、
中でギア部がうまく噛み合わないということでした。

そのため、アッセンブリした状態で各部品の状況を測定したいという要望がありました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

5m×5m×3m

【測定日数】

3日

【測定内容】

何が問題でうまく組付けができないのかを検証する必要がありました。
最終的には、大きなギアが3本組付けされますが、
まずは、ギアがない状態で測定を行い、
現状を把握した後に、順番に組付けと測定を繰り返します。

結果的に、今回測定して判明したこととして、ギアの重量でケースがたわんでいたということでした。
そのため、部品単体では測定結果に問題なくても、うまく組付かないということが起こっていました。
 
お客様に測定結果を伝えて、対策を考えることとなりました。

測定する際も、小さい部品では気にしなくてもいいようなことでも、
大きな部品になると、熱や重量といったことまで気にして測定をしないと、
測定結果にも大きく影響します。

また、ただ測定するだけではなく、傾向がどうなっているかを意識しながら測定することで、
お客様が知りたい数値を出すことができると考えています。


【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。

今まで測定できないと思っていた、大きな設備や部品でもレーザートラッカーの三次元測定なら可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

→三次元測定のご紹介

【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

静岡県 風力発電用大型部品 三次元測定-2 レーザートラッカー

2014年10月
今回は大手鋳物メーカー様からの依頼でした。
 
前回、岐阜県で測定した製品を塗装した後に、
静岡県で最終測定を行います。

→岐阜県 風力発電用大型部品 三次元測定-1 レーザートラッカー

東京都 文房具金型 三次元測定 CNC三次元測定機

三菱鉛筆
2016年1月
今回は東京都にある大手文房具製作メーカー様からのご依頼です。
 
【経緯】
 
文房具の製作に使用する金型で成形時に不具合があったそうです。
そのため、金型の円筒と楕円の中心座標のズレを評価したいため、
測定委託できる会社を探していたそうです。

 


【測定方法】

CNC三次元測定機を使用し三次元測定

【ワークサイズ】

200㎜×50㎜×50㎜

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
製品が小さいので、サワテツに成形品と金型を送って頂き、
社内でCNC三次元測定機を使用して測定を行いました。

パイプ形状で円筒形状から楕円形状に変わっていく金型でした。
プローブを傾けて、内径を円筒で測定し、中心座標を求めます。

また、中心座標を求めるのではなく、決めたピッチ毎に測定していくことで、
円筒と楕円がどういう傾向になっているかというのも評価していきました。

あくまで、不具合の原因を知るためにご依頼頂いているので、
要望があった寸法だけではなく、不具合の解決に繋がるように、
できる限りの情報を出すことを心掛けて測定を行いました。
 

【三次元測定】
 

大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
サワテツはレーザートラッカーを使用して、大きな製品を測定するのはもちろんのこと、
CNC三次元測定機を使用しての受託測定も行っています。
 
単品物の加工が多いため、毎回製品と図面を見て測定プログラムを作っています。
だからこそ、どんな製品や要望を頂いても、それに応えるにはどういう測定をすればいいかがわかります。

また、ただ数値を伝えるだけではなく、
お客様がなにを知りたいかをよく理解して測定することが、
サワテツの測定です。

小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

静岡県 鉄道 大型設備 三次元測定 レーザートラッカー

2016年1月
今回は静岡県で大手鉄道メーカー様への出張測定でした。

【経緯】

鉄道車輛の検査に使用する大型設備の測定をしたいため、
レーザートラッカーで測定できる会社を探していたそうです。
その中で、サワテツのHPを見てご連絡頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3.5m×4.5m×25m

【測定日数】

半日

【測定内容】
 
今回の測定は秘密保持の関係で、細かくご説明することができません。
 
測定内容としては、座標系を作成して、
設備の各ポイントを測定します。

設備を動作させた後に、何回か測定を繰り返す内容となります。
 

【三次元測定】
 
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
今まで測定ができないと思っていた製品でも測定することができます。
  
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

福岡県 風力発電用部品-2 三次元測定 レーザートラッカー

2015年8月と12月
今回は以前もご依頼頂いた、福岡県で風力発電用部品を製作している会社様からのご相談でした。
 
【経緯】

今回も洋上風車部品の測定のご依頼でした。
測定頻度が年に数回のため、設備をするよりサワテツに依頼する方がいいと言って頂きました。

設備すると、設備購入費、維持費、人件費などがかかってしまうので、
年に数回の場合は、サワテツにご依頼頂く方が、お客様にとってもメリットがあると思います。

→2015年12月 福岡県 風力発電部品 三次元測定

神奈川県 航空機治具 比較測定 三次元測定 レーザートラッカー

イケックス 検査治具
2015年2月
今回は神奈川県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
自社でもレーザートラッカーを所有しているが、キャパを超えたため、
レーザートラッカーで出張測定をしてくれる会社を探していたそうです。
 
【測定方法】

CADデータとの比較測定と穴位置、ケガキ線測定です。

【ワークサイズ】

2500×100

【ワーク個数】

3台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
航空機で使用する検査治具の曲面部は、
CADデータとの比較測定を行い、穴位置、ケガキ線は三次元測定を行いました。

1か所からではレーザーが届かないため、色々な角度から測定を行う必要があります。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

Page 1 of 212