大阪 医療設備 据付工事 調整測定 レーザートラッカー

設備の微調整

設備の微調整

2017年1月
今回は大阪府で大手医療設備メーカー様への出張測定でした。
約6か月間出張先に滞在して測定をする長期出張測定案件となります。

【経緯】

大きな建物の中に複数の設備を1/100単位で設置していく必要がありました。
さらに、全ての設備の位置関係も重要でした。
レーザートラッカー以外では精度保証と、調整が難しい案件のため、
サワテツに依頼して頂きました。
 


【測定方法】

設備を調整しながら測定していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800×4000 大きい物

【ワーク個数】

40台

【測定日数】

6か月

【測定内容】

建物に設置してある基準を測定し、建物で1つの座標系を作ります。
その座標系を基に、設備を据付していきます。
 
設備の上に穴が開いており、SMRという測定球を載せることで、
設計値との誤差を常に表示しておくことが可能です。
 
作業者はその誤差を見ながら、微調整を行うことができるため、
1/100単位の微調整が簡単にできます。

今回の測定では、レーザーを遮ってしまうところが非常に多いので、
その都度、レーザートラッカーを移動して、座標系を合わせる作業が必要になります。
移動回数が50回を超えるため、できる限りレーザートラッカーを移動後の座標系のズレを抑える必要があります。

ズレをどう抑え込むかが、今回の測定で最も大事になる要素となります。

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、据付をする場所で測定をすることが可能です。
 
レーザートラッカーはただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を画面に表示することもできます。
 
常にレーザーをキャッチしておけば、
リアルタイムで座標値を表示し続けることができます。
 
この機能を使用することで、誤差を見ながら微調整を行うことができ、1/100単位での微調整も簡単に行うことができます。
測定と調整を同時に行うことができるため、工期短縮ができ、お客様のコスト削減にも繋がります。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
設備を設計値通りの位置に据付することでした。
そのため、現場作業者の方と連携し、調整の際の指示出しも行いました。

その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

愛知県 航空機治具 比較測定 調整測定 レーザートラッカー

イケックス 2014.8
2016年1月
今回は愛知県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
以前から何度かご依頼頂いており、自社でレーザートラッカーを所有されています。
ただし、測定が重なった場合などは弊社にご相談頂くことがあります。
 
今回のように、設備はあってもキャパを超えた場合などは、サワテツにご依頼頂く場合もあります。
 
【測定方法】

治具曲面を比較測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
治具の曲面部は下からボルトで微調整できる仕様になっています。
CADデータとの比較測定で、現状の状態を確認しつつ、
ボルトで形状を微調整して、設計値に近づけます。

ボルトの数も多いため、1か所調整が完了しても、他のボルトを調整すると数値が変わってしまいます。
そのため、全体を考えながら調整をしていく必要があります。

今回のように、作った物をただ測定するだけではなく、数値を見ながら設計値に入れる測定というのもあります。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

静岡県 大型食品設備 三次元測定~調整測定

大型設備の設置
2014年9月
今回は静岡県で食品向けの大型設備の製作をしている会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
卵焼きを作る設備のため、ベルトコンベヤーが傾いていると均一に卵焼きが作れないそうです。
今までは水準器などを使用して、設備の据付を行っていたそうですが、
水準器では高さの測定ができないため、据付後に不具合が多く出ていたそうです。
そのため、三次元座標で測定ができる会社を探していたところ、
サワテツのHPを見てご依頼頂きました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定しながら設備の設置

【ワークサイズ】

2m×10m×1m

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
液体の場合、床を基準にしてしまうと、液体が傾いてしまう可能性があります。
そのため、今回はレーザートラッカーの機能でもある、
重力に対して水平な基準面を設定する方法を採用しました。

その基準面に対して、回転軸の三次元測定を行いました。
位置度、角度、距離などを測定し、その測定結果を基に微調整することで、
液体でも水平にすることが可能です。

特に大きな設備を測定する場合は、1つの基準で測定をすることで、
精度良く測定をすることができます。

今回のような、液体の場合は、何に対して水平にしないといけないかを、
よく理解して測定をしないと、問題が解決できません。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

埼玉県 溶接治具 調整測定 アーム型ポータブル三次元測定器

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】
2013年8月
今回は埼玉県へ大手自動車メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
2013年7月に測定させて頂いた治具を、自動車メーカー様の工場に設置し、
再度、最終測定を行いました。

→2013年7月測定事例
 


【測定方法】

各部品を測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
前回、サワテツの方で調整を行っている治具ですが、
どうしても1/100単位では、取付時に数値が変わってしまいます。

そのため、再度測定を行い、微妙に公差から外れている物があった場合は、
微調整を行いました。

その後、最終測定を行い、測定結果を大手メーカーのご担当者様にご確認頂きました。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

神奈川県 溶接治具 調整測定 アーム型ポータブル三次元測定器

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】
2013年7月
今回は神奈川県で自動車用治具の製作会社様への出張測定でした。

【経緯】

自動車向け溶接治具は多くの部品をアッセンブリして製作します。
組付けて終わりではなく、測定しながら部品を微調整していく必要があります。
測定と調整を行ってくれる会社があまりなく、サワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

各部品を測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
治具の基準を測定し、座標系を作成します。
各部品を測定した結果を基に、シム調整を行います。
一度の調整ではなかなか公差内に収まらないことも多くあるため、
測定と調整を繰り返し行います。

最終的に全ての部品を再測定し、公差内に収まっているかを確認します。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。