岐阜県 プラスチックパレット スキャニング測定・比較 アーム型ポータブル三次元測定器

OIP2016年11月
今回は岐阜県でプラスチックパレットを製作している会社様の製品を社内に持ち込み測定しました。

【経緯】

お客様の工場では、プラスチックパレットを製作しており、
数多く積み重ねた際に傾いてしまい、最悪の場合倒れてしまうことがあるそうです。

今までは手で簡単な測定はしてきたそうですが、
実物がデータに対してどのくらい誤差があるのかを、
測定してみたいとのことでご依頼頂きました。


【測定方法】

プラスチックパレットのスキャニング測定
スキャニングしたデータとCADデータとの比較

【ワークサイズ】

1300×1300×200

【測定日数】

1日

【測定内容】

アーム型ポータブル三次元測定器を使用して、プラスチックパレットをスキャニング測定しました。
スキャニング測定したデータ(STLデータ)とCADデータをソフト上で合わせ色比較をしました。
CADに対して凸を赤色、凹を青色として、凹凸を分かりやすくしました。
結果をお客様に提出した後、とても見やすい結果で大変ご満足いただけました。
 

【スキャニング測定・比較】
スキャニング測定は、リバースエンジニアリングでも使用されますが、
スキャニング測定データを基に、CADデータや別のスキャニング測定データとの比較も行えます。
2つのデータをソフト上で合わせることにより、色で誤差を出せるため、
傾向がわかりやすい結果をご提出することが可能です。

 

色による形状評価

 
【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
その後の工程として、色々な方法があります。

・色による比較測定
・再現加工
・リバースエンジニアリング
 など、スキャンすることで色々な評価や製作をすることができます。

今回のような色による比較測定は、
どこで位置を合わせるかで、評価結果は大きく変わってくるため、
CADデータと位置合わせをすることが最も大事となります。

ただスキャンするだけではなく、どこを基準にスキャンするかを考えることが大事になります。
そこまで考えてから、スキャンを行うので、
最終的にお客様が求めている評価結果となります。

東京都 文房具金型 三次元測定 CNC三次元測定機

三菱鉛筆
2016年1月
今回は東京都にある大手文房具製作メーカー様からのご依頼です。
 
【経緯】
 
文房具の製作に使用する金型で成形時に不具合があったそうです。
そのため、金型の円筒と楕円の中心座標のズレを評価したいため、
測定委託できる会社を探していたそうです。

 


【測定方法】

CNC三次元測定機を使用し三次元測定

【ワークサイズ】

200㎜×50㎜×50㎜

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
製品が小さいので、サワテツに成形品と金型を送って頂き、
社内でCNC三次元測定機を使用して測定を行いました。

パイプ形状で円筒形状から楕円形状に変わっていく金型でした。
プローブを傾けて、内径を円筒で測定し、中心座標を求めます。

また、中心座標を求めるのではなく、決めたピッチ毎に測定していくことで、
円筒と楕円がどういう傾向になっているかというのも評価していきました。

あくまで、不具合の原因を知るためにご依頼頂いているので、
要望があった寸法だけではなく、不具合の解決に繋がるように、
できる限りの情報を出すことを心掛けて測定を行いました。
 

【三次元測定】
 

大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
サワテツはレーザートラッカーを使用して、大きな製品を測定するのはもちろんのこと、
CNC三次元測定機を使用しての受託測定も行っています。
 
単品物の加工が多いため、毎回製品と図面を見て測定プログラムを作っています。
だからこそ、どんな製品や要望を頂いても、それに応えるにはどういう測定をすればいいかがわかります。

また、ただ数値を伝えるだけではなく、
お客様がなにを知りたいかをよく理解して測定することが、
サワテツの測定です。

小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。