大阪 医療設備 据付工事 調整測定 レーザートラッカー

設備の微調整

設備の微調整

2017年1月
今回は大阪府で大手医療設備メーカー様への出張測定でした。
約6か月間出張先に滞在して測定をする長期出張測定案件となります。

【経緯】

大きな建物の中に複数の設備を1/100単位で設置していく必要がありました。
さらに、全ての設備の位置関係も重要でした。
レーザートラッカー以外では精度保証と、調整が難しい案件のため、
サワテツに依頼して頂きました。
 


【測定方法】

設備を調整しながら測定していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800×4000 大きい物

【ワーク個数】

40台

【測定日数】

6か月

【測定内容】

建物に設置してある基準を測定し、建物で1つの座標系を作ります。
その座標系を基に、設備を据付していきます。
 
設備の上に穴が開いており、SMRという測定球を載せることで、
設計値との誤差を常に表示しておくことが可能です。
 
作業者はその誤差を見ながら、微調整を行うことができるため、
1/100単位の微調整が簡単にできます。

今回の測定では、レーザーを遮ってしまうところが非常に多いので、
その都度、レーザートラッカーを移動して、座標系を合わせる作業が必要になります。
移動回数が50回を超えるため、できる限りレーザートラッカーを移動後の座標系のズレを抑える必要があります。

ズレをどう抑え込むかが、今回の測定で最も大事になる要素となります。
 

調整測定の詳しい内容・動画のご紹介 👈ここをクリック


 

福井県 医療 搬送コンベア設備 軌跡測定 レーザートラッカー

コマツ産機

2017年8月
今回は福井県で大手産業設備メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
お客様の工場では、大型の設備を製作しており
“動作確認したところ思っている動きと少し違う気がする”というところからご連絡いただきました。
 
設備はプログラムで動いてはいるが、組付け誤差やその他の問題で、
思った動きをしない可能性があるということで、
設備の軌跡を測定したいということでした。
 


【測定方法】

搬送コンベアの動作を軌跡測定

【ワークサイズ】

7000×5000×2500

【測定日数】

1日

【測定内容】

搬送コンベアの平らな部分にSMRという測定球を取り付けて、
実際に使用される動作の軌跡をレーザートラッカーで測定しました。

今回は動作を修正するのではなくデータとして取っておきたいとのことで、
同じ動作で何回か測定し、動きの確認と繰り返し誤差の確認をしました。
 


軌跡測定の詳しい内容・動画のご紹介 👈ここをクリック

京都府 医療用部品 スキャン~リバースエンジニアリング

キャプチャ

2014年10月
今回は京都府で医療用設備の部品設計をしている会社様からのご依頼でした。
製品も小さいことから、サワテツに郵送して頂き、後日データを提出する流れになります。

【経緯】
 
図面やデータがなく、3Ⅾプリンターで作られた部品しかない状況でした。
今回はその部品のデータを取り、CADデータが欲しいというご要望がありました。
最終的にはお客様の方で、CADのデータを参考にし、
データ作成をしていくことになりました。
 


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータでの出力

【ワークサイズ】

50×50×250

【測定日数】

1日

【測定内容】

今回の部品は基準として使用できそうな箇所がないため、
できる限り1回で全ての箇所をスキャニングする必要がありました。
 
そのため、社内で測定用の治具を作成し、
多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用してスキャニングを行いました。

その後、取得したデータ(今回はIGESデータ)を提出しました。
 


リバースエンジニアリングの詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック