大阪 医療設備 据付工事 調整測定 レーザートラッカー

設備の微調整

設備の微調整

2017年1月
今回は大阪府で大手医療設備メーカー様への出張測定でした。
約6か月間出張先に滞在して測定をする長期出張測定案件となります。

【経緯】

大きな建物の中に複数の設備を1/100単位で設置していく必要がありました。
さらに、全ての設備の位置関係も重要でした。
レーザートラッカー以外では精度保証と、調整が難しい案件のため、
サワテツに依頼して頂きました。
 


【測定方法】

設備を調整しながら測定していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800×4000 大きい物

【ワーク個数】

40台

【測定日数】

6か月

【測定内容】

建物に設置してある基準を測定し、建物で1つの座標系を作ります。
その座標系を基に、設備を据付していきます。
 
設備の上に穴が開いており、SMRという測定球を載せることで、
設計値との誤差を常に表示しておくことが可能です。
 
作業者はその誤差を見ながら、微調整を行うことができるため、
1/100単位の微調整が簡単にできます。

今回の測定では、レーザーを遮ってしまうところが非常に多いので、
その都度、レーザートラッカーを移動して、座標系を合わせる作業が必要になります。
移動回数が50回を超えるため、できる限りレーザートラッカーを移動後の座標系のズレを抑える必要があります。

ズレをどう抑え込むかが、今回の測定で最も大事になる要素となります。

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、据付をする場所で測定をすることが可能です。
 
レーザートラッカーはただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を画面に表示することもできます。
 
常にレーザーをキャッチしておけば、
リアルタイムで座標値を表示し続けることができます。
 
この機能を使用することで、誤差を見ながら微調整を行うことができ、1/100単位での微調整も簡単に行うことができます。
測定と調整を同時に行うことができるため、工期短縮ができ、お客様のコスト削減にも繋がります。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
設備を設計値通りの位置に据付することでした。
そのため、現場作業者の方と連携し、調整の際の指示出しも行いました。

その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

福井県 医療 搬送コンベア設備 軌跡測定 レーザートラッカー

コマツ産機

2017年8月
今回は福井県で大手産業設備メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
お客様の工場では、大型の設備を製作しており
“動作確認したところ思っている動きと少し違う気がする”というところからご連絡いただきました。
 
設備はプログラムで動いてはいるが、組付け誤差やその他の問題で、
思った動きをしない可能性があるということで、
設備の軌跡を測定したいということでした。
 


【測定方法】

搬送コンベアの動作を軌跡測定

【ワークサイズ】

7000×5000×2500

【測定日数】

1日

【測定内容】

搬送コンベアの平らな部分にSMRという測定球を取り付けて、
実際に使用される動作の軌跡をレーザートラッカーで測定しました。

今回は動作を修正するのではなくデータとして取っておきたいとのことで、
同じ動作で何回か測定し、動きの確認と繰り返し誤差の確認をしました。
 

【軌跡測定】

任意で決めた座標系に対して、動いている物の軌跡をとることができます。
取得データはX,Y,Zの座標を持った点として出力できるため、
CAD上で検証が可能となります。

ピッチか時間で取得する間隔を指定することができ、
0.005秒に1点の点を取得するか、0.1㎜ピッチで点を取得することができます。
かなりの点数を取ることができるため、実際の軌跡に近いデータを取ることが可能となります。

可動式のロボットや設備では、止まっている際の精度は問題なくても、
動いた際に誤差が出ることは珍しくありません。
 
動く=何かしらの負荷がかかるためです。
 
動きを追随して測定することで、
 
実際の使用状況と同じ状態での測定が可能となるのが、軌跡測定の優れた測定方法となります。


→軌跡測定動画のご紹介

 

【サワテツの強み】
お客様からご依頼を頂く中で、
何か問題があるから測定をして解決したいという話はよくあります。
レーザートラッカーは持ち運びができる測定機のため、
実際に使用する環境で測定ができます。
 
実際の使用環境で測定ができるため、測定値の正確性が高くなる上、
すぐに検証ができるため、調整や修正が可能となります。

 
また、サワテツは点を取るだけではなく、CADを使用して取得した点の検証も可能です。
 
サワテツは測定+検証までできるため、原因究明まででき、お客様の問題の解決に繋がります。

京都府 医療用部品 スキャン~リバースエンジニアリング

キャプチャ

2014年10月
今回は京都府で医療用設備の部品設計をしている会社様からのご依頼でした。
製品も小さいことから、サワテツに郵送して頂き、後日データを提出する流れになります。

【経緯】
 
図面やデータがなく、3Ⅾプリンターで作られた部品しかない状況でした。
今回はその部品のデータを取り、CADデータが欲しいというご要望がありました。
最終的にはお客様の方で、CADのデータを参考にし、
データ作成をしていくことになりました。
 


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータでの出力

【ワークサイズ】

50×50×250

【測定日数】

1日

【測定内容】

今回の部品は基準として使用できそうな箇所がないため、
できる限り1回で全ての箇所をスキャニングする必要がありました。
 
そのため、社内で測定用の治具を作成し、
多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用してスキャニングを行いました。

その後、取得したデータ(今回はIGESデータ)を提出しました。
 

【スキャニング測定】
 
『製品があるのにデータ・図面がない』といった際に大活躍する測定です。
単純な形状であれば、ノギスや三次元測定機を使用して、データを作成することは可能です。
ただし、三次元形状の測定は困難です。
 
スキャニングは点群データを取得することができ、三次元形状でも簡単にデータ化することができます。
 
また、非接触のため、固定できない製品や接触できないような製品でも、測定が可能となります。
 
スキャニングは測定時間を大幅に短縮することが可能です。
接触式の測定機では再現できない箇所でもリアルに再現できるため、
効率良く且つ精度良く測定できます。

リバースエンジニアリングのご紹介

【サワテツの強み】
 
スキャニングを行うこと自体は設備さえあれば難しくありません。
ただし、データ化する目的を理解していないと、トラブルに繋がることも少なくありません。

・色による比較:点群データ
・再現加工:STLデータ
・リバースエンジニアリング:IGESデータ
 など、目的によって、どこまでデータ編集しないといけないかが変わります。

 また、どこまでデータ編集を行うかで費用も大きく変わってきます。
 
サワテツは自社でモノづくりをしているため、お客様が目的を達成するためには、
こういうデータが必要というのがわかります。
これがわかっているから、最適なスキャニングが可能です。