神奈川県でのレーザートラッカーを使用したリニア設備の調整測定

2021年1月
今回は神奈川県でリニア設備の出張測定でした。
約3か月間出張先に滞在して測定をする長期出張測定案件となります。

【経緯】

大きな建物の中に複数の設備を1/100単位で設置していく必要がありました。
必要とする精度はレーザートラッカー以外の設備でも対応可能でしたが、
長期の測定の場合は建物自体の変形なども起こるため、できる限り精度良く測定することで、
誤差を最小限に抑えることができます。
そのため、サワテツにご依頼頂きました。
 


【測定方法】

設備を調整しながら測定していく調整測定

【ワークサイズ】

4000×4000×2000 大きい物

【ワーク個数】

約15台

【測定日数】

3か月

【測定内容】

建物に設置してある基準を測定し、建物で1つの座標系を作ります。
その座標系を基に、設備を据付していきます。
 
設備上に基準となる穴が開いており、SMRという測定球を載せることで、
設計値との誤差を常に表示しておくことが可能です。
 
作業者はその誤差を見ながら、微調整を行うことができるため、
1/100単位の微調整が簡単にできます。

今回の測定では、レーザートラッカーを何度も移動しながら測定する必要があるため、
その都度、座標を合わせる必要があります。

ただし、少しの時間でも温度変化により建物自体が変形してしまい、座標系を合わせる際に誤差が生まれてしまいます。
レーザートラッカーをどこに設置するか、どう誤差を抑え込むかというのが、今回の測定では重要となりました。


調整測定の詳しい内容・動画のご紹介 👈ここをクリック


 

静岡県 鉄道 大型設備 三次元測定 レーザートラッカー

2016年1月
今回は静岡県で大手鉄道メーカー様への出張測定でした。

【経緯】

鉄道車輛の検査に使用する大型設備の測定をしたいため、
レーザートラッカーで測定できる会社を探していたそうです。
その中で、サワテツのHPを見てご連絡頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3.5m×4.5m×25m

【測定日数】

半日

【測定内容】
 
今回の測定は秘密保持の関係で、細かくご説明することができません。
 
測定内容としては、座標系を作成して、
設備の各ポイントを測定します。

設備を動作させた後に、何回か測定を繰り返す内容となります。
 


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック