大阪府 航空宇宙 超大型部品 三次元測定 レーザートラッカー

日立造船
2018年4月
今回は大阪府で大型設備部品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、超大型の部品を製作しており、
大型のマシニングでピックゲージ等を使用し加工寸法の確認は出来るが、
精密な測定が出来ないそうです。
特に今回は航空宇宙関係の加工品なので、高精度に測定したいということからサワテツにご依頼を頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

8m×8m×8m

【測定日数】

2日

【測定内容】

超大型部品の穴径・穴ピッチ・距離・平面度をレーザートラッカーを使用して三次元測定しました。
大型部品のため、色々な方向から測定をする必要があります。
できる限り、同じ位置から測定をすることで、精度が安定します。
ただし、どうしても移動しないと測定ができない箇所が出たため、
レーザートラッカーを移動して、再度座標系を作り、測定をしました。

大物を測定する際は、機械の位置、座標系の取り方が非常に大事になります。
今回は測定器の移動を必要最小限に抑えて、測定をしました。


【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。

今まで測定できないと思っていた、大きな設備や部品でもレーザートラッカーの三次元測定なら可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

→三次元測定のご紹介

【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。
 

愛知県 航空機治具 比較測定 調整測定 レーザートラッカー

イケックス 2014.8
2016年1月
今回は愛知県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
以前から何度かご依頼頂いており、自社でレーザートラッカーを所有されています。
ただし、測定が重なった場合などは弊社にご相談頂くことがあります。
 
今回のように、設備はあってもキャパを超えた場合などは、サワテツにご依頼頂く場合もあります。
 
【測定方法】

治具曲面を比較測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
治具の曲面部は下からボルトで微調整できる仕様になっています。
CADデータとの比較測定で、現状の状態を確認しつつ、
ボルトで形状を微調整して、設計値に近づけます。

ボルトの数も多いため、1か所調整が完了しても、他のボルトを調整すると数値が変わってしまいます。
そのため、全体を考えながら調整をしていく必要があります。

今回のように、作った物をただ測定するだけではなく、数値を見ながら設計値に入れる測定というのもあります。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

神奈川県 航空機治具 比較測定 三次元測定 レーザートラッカー

イケックス 検査治具
2015年2月
今回は神奈川県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
自社でもレーザートラッカーを所有しているが、キャパを超えたため、
レーザートラッカーで出張測定をしてくれる会社を探していたそうです。
 
【測定方法】

CADデータとの比較測定と穴位置、ケガキ線測定です。

【ワークサイズ】

2500×100

【ワーク個数】

3台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
航空機で使用する検査治具の曲面部は、
CADデータとの比較測定を行い、穴位置、ケガキ線は三次元測定を行いました。

1か所からではレーザーが届かないため、色々な角度から測定を行う必要があります。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

岡山県 CFRP主翼 CADデータとの比較測定

カド cfrp 2013.4
2013年4月
今回は岡山県へCFRP,GFRPの製品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
普段の業務では高精度に評価しなければならない製品は少ないそうですが、
今回はJAXAとの共同研究で、大型のCFRPの主翼を製作したため、測定に困っていたそうです。
そのため、サワテツにご依頼を頂きました。
 


【測定方法】
 
レーザートラッカーによる航空機の主翼のCADデータとの比較測定

【ワークサイズ】

5000×3000

【測定時間】

2日

【測定内容】

測定物が平面に近いため、CADデータとCFRP主翼の座標系を合わせることが非常に難しかったです。
そのため、今回は点と点のベストフィットという手法を使用して、
座標系を合わせました。
 
元からCAD上に点があったわけではなかったので、お客様と相談して、合わせるポイントを決めました。

今回の測定では、私共も様々な方法を検討したことで、大変勉強になった測定でした。
  
【CADデータとの比較測定】

三次元測定と違い、CADデータと比較測定をすることで、
誤差をすぐに判断できる測定方法となります。
 
座標系に対しての数値ではなく、
測定している面との誤差の評価なので、
曲面や三次元形状の評価も可能となる測定方法です。

→ 比較測定動画のご紹介

【サワテツの強み】
 
CADデータとの比較測定は、座標系を合わせることさえできれば、簡単に測定できます。
ただし、座標系を合わせる方法はいくつもあるので、
どういう方法で合わせ込むかをしっかりと考えないといけないです。

特に今回は当初打合せをしていた物と仕様変更により、
想定していた方法ができなかったです。
 
そのような中でも、サワテツは様々な業界で測定実績が豊富にあるため、
最適な測定方法を選定することができます。

愛知県 航空宇宙 大型設備の校正 レーザートラッカー

大型設備の校正【レーザートラッカー・測定事例】
2012年12月

今回は愛知県の大手繊維メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
現在、社内で使用している設備を1年に1度、校正目的で測定を行いたいということでした。
大型設備のため、今までは精度の確認をする方法がないと思っていたそうです。
 
ただし、しっかりと品質保証をするために、一度設備の測定をできる方法がないかと、
インターネットで検索していた際に、サワテツのHPを見つけてご連絡頂けました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3m×5m×2m

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
主軸の先端にSMR(測定球)を設置し、設備内での同じ座標を移動前後に測定をする方法です。

レーザーの性質上、遮ってしまう物があると、1回では測定ができません。
そのため、どこにレーザートラッカーを設置するかを、
設備の動きをイメージして考える必要があります。
 
設備内では同じ座標になっていても、高精度で測定してみると、
1/100単位での誤差が出ることがあります。

お客様の設備の保証上、5/100までは許容値となるということで、
今回は全て許容値内に収まっておりました。

この測定は毎年1回依頼をして頂いており、大型設備の精度保証する上で非常に重要になってきています。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
今回のような大きい設備の三次元測定することも、
レーザートラッカーを使用をすれば可能となります。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

神奈川県 航空機部品 3次元測定 レーザートラッカー

2012年8月
今回は神奈川県で航空機の大型部品を製作、組付けしている会社様への出張測定でした。
1か月間の長期の測定となります。

【経緯】

お客様の製作した部品の検査で問題が見つかり、今まで測定した結果が全て使用できなくなったそうです。
再度、大量の部品を再測定しないといけなくなり、サワテツにご依頼がありました。
不具合ということもあり、最短で測定をしないといけない状況でした。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

4000㎜×200㎜

【測定個数】
 
約100点
 
【測定日数】

30日間

【測定内容】

航空機用リブ部品の穴の位置度、面の位置度をレーザートラッカーを使用して三次元測定しました。
今回は測定場所が39度もあるため、
測定時に製品の収縮の影響がかなり出てしまいます。
そのため、温度補正を活用し、
計算上ではありますが、補正をして測定を実施しました。

1日に5部品を測定しないと、納期が間に合わないということでしたので、スピードも要求される測定となりました。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
複雑な形状でも測定することが可能となっています。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型製品は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。