神奈川県 半導体 製造設備 軌跡測定 レーザートラッカー

2017年1月
今回は神奈川県で半導体部品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

半導体部品を作るプレス機のような設備で
上型が上下動作する仕様になっており
その上下動作の精度がどうも良くないとのことで
サワテツに測定相談のお話をいただきました。
 


【測定方法】

設備上型の軌跡測定

【ワークサイズ】

2000×500×500 箱型の設備

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】

箱型のプレス機のような設備の上型に測定球を取付け軌跡測定をしました。
測定前に上下動作を見させていただきましたが、
見た目では真っすぐ降りてきているように見えていました。
しかし、軌跡測定をしてみると始点と終点の位置が違い動きも斜めに降りている傾向でした。


軌跡測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

静岡県 風力発電用大型部品 三次元測定-2 レーザートラッカー

2014年10月
今回は大手鋳物メーカー様からの依頼でした。
 
前回、岐阜県で測定した製品を塗装した後に、
静岡県で最終測定を行います。

→岐阜県 風力発電用大型部品 三次元測定-1 レーザートラッカー


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

長崎 造船 三次元形状 比較測定 レーザートラッカー

キャプチャ
平成28年2月
今回は長崎県で造船関係の大手重工様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、大型プレス機で板を曲げており、
木で作られたゲージで曲げ精度を確認していたそうです。

これだけ大きな板だと確認する箇所によって差が出てしまうことがあり、
最終的に組付けができないことがあるとのことでした。

組付けができない場合に、再度大型プレス機で微調整を行わないといけなく、
お客様としては無駄な時間と費用がかかってしまうことが課題としてありました。


【測定方法】

CADデータとの形状比較測定

【ワークサイズ】

2000×6000

【測定日数】

1日

【測定内容】

大型プレス機で板を曲げた後にレーザートラッカーで比較測定を行いました。
CADデータで設計値のR形状のモデルを描き、
それと比較しながら測定を行いました。
レーザートラッカーを使用することで、
ゲージで確認するよりも正確な測定が可能となりました。



CADデータとの比較測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

愛知県 航空機治具 比較測定 調整測定 レーザートラッカー

イケックス 2014.8
2016年1月
今回は愛知県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
以前から何度かご依頼頂いており、自社でレーザートラッカーを所有されています。
ただし、測定が重なった場合などは弊社にご相談頂くことがあります。
 
今回のように、設備はあってもキャパを超えた場合などは、サワテツにご依頼頂く場合もあります。
 
【測定方法】

治具曲面を比較測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
治具の曲面部は下からボルトで微調整できる仕様になっています。
CADデータとの比較測定で、現状の状態を確認しつつ、
ボルトで形状を微調整して、設計値に近づけます。

ボルトの数も多いため、1か所調整が完了しても、他のボルトを調整すると数値が変わってしまいます。
そのため、全体を考えながら調整をしていく必要があります。

今回のように、作った物をただ測定するだけではなく、数値を見ながら設計値に入れる測定というのもあります。
 

 

CADデータとの比較測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック


調整測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

静岡県 鉄道 大型設備 三次元測定 レーザートラッカー

2016年1月
今回は静岡県で大手鉄道メーカー様への出張測定でした。

【経緯】

鉄道車輛の検査に使用する大型設備の測定をしたいため、
レーザートラッカーで測定できる会社を探していたそうです。
その中で、サワテツのHPを見てご連絡頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3.5m×4.5m×25m

【測定日数】

半日

【測定内容】
 
今回の測定は秘密保持の関係で、細かくご説明することができません。
 
測定内容としては、座標系を作成して、
設備の各ポイントを測定します。

設備を動作させた後に、何回か測定を繰り返す内容となります。
 


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

福岡県 風力発電用部品-2 三次元測定 レーザートラッカー

2015年8月と12月
今回は以前もご依頼頂いた、福岡県で風力発電用部品を製作している会社様からのご相談でした。
 
【経緯】

今回も洋上風車部品の測定のご依頼でした。
測定頻度が年に数回のため、設備をするよりサワテツに依頼する方がいいと言って頂きました。

設備すると、設備購入費、維持費、人件費などがかかってしまうので、
年に数回の場合は、サワテツにご依頼頂く方が、お客様にとってもメリットがあると思います。

→2015年12月 福岡県 風力発電部品 三次元測定


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

神奈川県 航空機治具 比較測定 三次元測定 レーザートラッカー

イケックス 検査治具
2015年2月
今回は神奈川県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
自社でもレーザートラッカーを所有しているが、キャパを超えたため、
レーザートラッカーで出張測定をしてくれる会社を探していたそうです。
 
【測定方法】

CADデータとの比較測定と穴位置、ケガキ線測定です。

【ワークサイズ】

2500×100

【ワーク個数】

3台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
航空機で使用する検査治具の曲面部は、
CADデータとの比較測定を行い、穴位置、ケガキ線は三次元測定を行いました。

1か所からではレーザーが届かないため、色々な角度から測定を行う必要があります。
 


CADデータとの比較測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

東京都 建設機械部品 三次元測定からの2D図面化

2015年12月
今回は愛知県にある大手建設会社様への出張測定でした。
 
【経緯】

自社で一から設計をして、建設機械を製作するということで、
既存のパーツの寸法を取得して2D図面化したいという内容でした。
大型の建設機となると、測定できる会社がなく、
困っていた中で、サワテツのHPを見てご依頼頂きました。


【測定方法】

三次元測定で寸法を取り、2D図面作成

【ワークサイズ】

2000×1500×800

【測定日数】

3日

【測定内容】

アッセンブリのパーツのため、レーザートラッカーを使用して、
組み付いた状態で位置関係を測定し、
ばらした後に各パーツの寸法を測定するという流れになります。

様々な方向から測定をする必要があるため、
同じ座標のままレーザートラッカーを移動して測定をするというのを、
繰り返し行います。

そのデータを基に、CADで2D図面を作成していきます。

 

MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

愛知県 大型設備 三次元測定 レーザートラッカー

2015年12月
今回は名古屋市にある会社様への出張測定でした。
以前も測定をさせて頂いた会社様なのですが、今回は別の測定機で測定した値と比べたいという内容でした。
想像以上に平面が出ていなかったために、このまま測定してもあまり信頼性がある数値にならないような状態でした。
そこらへんの状況もお客様にお話させて頂いて、今回はそのまま進めることになりました。

今回の測定でもそうだったのですが、私たちが行う測定は何かを基準にして行うことが多く、
そこがしっかりと出ていないと、いくら測定しても結果的に信用できないデータとなってしまうこともあります。

もし、精度が出ていないのであれば、どのように出ていないのかをしっかりとお伝えすることが大事だと思っております。


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

岐阜県 航空機用大型設備 三次元測定 レーザートラッカー

2015年12月
今回は大手重工様から石川県での出張測定のお話がありました。
非常に大きな設備の三次元測定なのですが、秘密事項が多く詳しくは説明できないのが非常に残念です。

測定自体は無事に問題なく終えることができました。
測定は普段なかなか見れないような設備を見ることがあるので、感動することが多い業務です。


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

Page 2 of 41234