航空機治具の比較測定

イケックス22015年12月
今回は愛知県にある航空機の治具や金型などを作っている会社への出張測定です。
測定内容はCADデータとの比較測定と穴位置測定、ケガキ線測定です。
測定内容自体はさほど難しい物ではないのですが、測定物が非常に大きく、測定機を何度も移動しての測定になりました。
測定箇所も非常に多い製品なので、1つ終わるのに15時間近くかかる物もありました。
全部で4つあったのですが、なんとか無事に終えることができて良かったです。

建設機械の2D図面化

2015年12月
今回は愛知県にある大手建設会社様から、建設機のモーターの2D図面化をして欲しいという依頼がありました。
自社で一から設計をして建設機械を製作するということで、既存の使用できるパーツはそのまま使用したいので、
現状の寸法を取得して2D図面化したいという内容でした。
大きな部品ともなるとなかなか一般の会社では行うことができないと思います。
レーザートラッカーを使用しても1度では測定ができないため、何度か測定器を移動して測定しました。

測定だけなら他社でもできると思いますが、サワテツでは加工なども行っているため、社内で図面化もできます。
サワテツが目指している測定+αを今後も目指していきたいと思います。

大型設備の三次元測定

2015年12月
今回は名古屋市にある会社様への出張測定でした。
以前も測定をさせて頂いた会社様なのですが、今回は別の測定機で測定した値と比べたいという内容でした。
想像以上に平面が出ていなかったために、このまま測定してもあまり信頼性がある数値にならないような状態でした。
そこらへんの状況もお客様にお話させて頂いて、今回はそのまま進めることになりました。

今回の測定でもそうだったのですが、私たちが行う測定は何かを基準にして行うことが多く、
そこがしっかりと出ていないと、いくら測定しても結果的に信用できないデータとなってしまうこともあります。

もし、精度が出ていないのであれば、どのように出ていないのかをしっかりとお伝えすることが大事だと思っております。

航空機用大型設備の三次元測定

2015年12月
今回は大手重工様から石川県での出張測定のお話がありました。
非常に大きな設備の三次元測定なのですが、秘密事項が多く詳しくは説明できないのが非常に残念です。

測定自体は無事に問題なく終えることができました。
測定は普段なかなか見れないような設備を見ることがあるので、感動することが多い業務です。

自動車エキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリング

2015年11月
今回は愛知県の大手自動車メーカー様から、自動車のエキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリングのお話を頂きました。
全部で4種類あり、非常に形が複雑な物もあり苦労しました。
複雑なパイプ形状や鋳肌部分の再現などは、ある程度形状を予想して描く必要もありました。
お客様とも打ち合わせをさせて頂き、どこが重要なのかをしっかりと理解した上で進めました。

リバースエンジニアリングは本当にお客様がなにを求めているのかを理解していないと、
最終的に満足いくデータにならないので、そこが一番大事になってきます。
弊社では、求めているデータによってデータの描き方なども変化させて最適なデータをお渡ししています。

トラック用大型金型の比較測定

IMG_66892015年11月
今回も愛知県にある業務提携先でトラック用の大型金型のCADデータとの比較測定を行ってきました。
なかなかここまで大きな金型を見る機会もないので、少し興奮しました。
大きいだけあって測定箇所も多くて大変な測定ですが、全て終わった後の達成感もあります。

測定箇所は、形状の比較測定と穴位置の測定になります。
比較測定は慣れているので、問題なく無事に終えることができました。

自動車用検具の三次元測定

2015年10月
本日は自動車用検具の三次元測定になります。
弊社に検具を持ち込んで頂いて、三次元測定機で測定しました。
弊社では出張測定だけではなく、委託測定も行っています。
機械がない、空いていないなどあれば、弊社の設備で測定を行います。

3次元搬送機の動的位置測定

2015年10月
今回は大手プレス、板金メーカー様への出張測定でした。
レーザートラッカーを用いての、設備の3次元搬送機の動的位置測定になります。
このような測定方法は、設備が設計値通りに動いているか?何度動かしても同じ位置を通っているかなどを確認したいときに行います。
弊社では今までもこういった測定を行ったことはありましたが、今回は非常に細かいピッチで何千点をいう点を連続で測定して動きを見るという測定方法でした。
このような測定方法は弊社でも初めてで、最終的には最低限、お客様が求めるデータにはなりましたが、苦労した測定でした。

出張測定メインで行っている弊社では、今までにも幅広い業種で様々な測定方法を行ってきましたが、本当に色々な測定方法があるんだと改めて勉強させられました。
レーザートラッカーによる測定は本当に奥が深いです。
弊社でも、さらに知識を付けてお客様のご要望に応えられるようにしていくつもりです。

大型設備の機械校正動画
※http://sokutei-sawatetsu.jp/2014/12/26/lt_2/

樹脂製品の三次元測定

樹脂製品2015年10月
今回は大手調理器具、湯沸器などガス器具の製造、販売を行っている会社の樹脂製品の三次元測定です。
図面通りに製品ができているかを三次元測定機を用いて測定します。
測定箇所が非常に多く、手間がかかる測定ではありますが、たまに公差から漏れる箇所もあるので、弊社では一つ一つしっかりと測定を行い、測定値を記入しています。

航空機用金型の比較測定②

2015年10月
今回は愛知県にある航空機の治具や金型などを作っている会社への出張測定です。
一ヶ月程前に測定した内容とほぼ同じ内容の測定でした。
レーザートラッカーを用いて、CADデータとの比較測定を行いながら、少しずつ修正をしていくという測定になります。

Page 2 of 512345