岐阜県 プラスチックパレット スキャニング測定・比較 アーム型ポータブル三次元測定器

OIP2016年11月
今回は岐阜県でプラスチックパレットを製作している会社様の製品を社内に持ち込み測定しました。

【経緯】

お客様の工場では、プラスチックパレットを製作しており、
数多く積み重ねた際に傾いてしまい、最悪の場合倒れてしまうことがあるそうです。

今までは手で簡単な測定はしてきたそうですが、
実物がデータに対してどのくらい誤差があるのかを、
測定してみたいとのことでご依頼頂きました。


【測定方法】

プラスチックパレットのスキャニング測定
スキャニングしたデータとCADデータとの比較

【ワークサイズ】

1300×1300×200

【測定日数】

1日

【測定内容】

アーム型ポータブル三次元測定器を使用して、プラスチックパレットをスキャニング測定しました。
スキャニング測定したデータ(STLデータ)とCADデータをソフト上で合わせ色比較をしました。
CADに対して凸を赤色、凹を青色として、凹凸を分かりやすくしました。
結果をお客様に提出した後、とても見やすい結果で大変ご満足いただけました。
 

色による形状評価の詳しい内容紹介 👈ここをクリック

愛知県 自動車モデル スキャニングからリバースエンジニアリング アーム型ポータブル三次元測定器

車フロント2018年12月
今回は愛知県で自動車の車体モデルを製作している会社様での出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、開発中の自動車・バイクの車体モデルを粘土で作成しており、
粘土で形は作れるが、実物から3Dデータを作れないということで、ご依頼して頂けました。


【測定方法】

スキャニング測定、STLデータでの出力

【ワークサイズ】

普通乗用車(約4000×1800×1300)

【測定日数】

1日

【測定内容】

多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用し、
粘土で作られた車体をスキャニング測定しました。

光沢のある箇所は、現象材という反射を防ぐスプレーを掛け測定を行いました。

スキャニングはデータを取得するのにかかる時間が非常に早く、
車体1台をスキャニングするのに、1日で終えることができました。

その後、取得したデータ(今回はSTLデータ)を提出しました。


リバースエンジニアリングの詳しい内容のご紹介 👈ここをクリック

三重県 自動車 マット金型のリバースエンジニアリング

スキャンしたままのデータ

スキャンしたままのデータ

修正したデータ

修正したデータ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

2016年2月
今回は三重県にある、自動車用マットの製造を行っている会社様からのご依頼です。

【経緯】

今まで使用している型は現場でその都度修正しているため、
正式なCADデータがないとのことです。
ウォータージェットでマットを切断するために、
金型の面を再現する事と、トリムラインをデータ化したいというご依頼でした。


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータ、トリムライン提出

【ワークサイズ】

金型(約2000×1500×700)

【測定日数】

2日

【測定内容】
サワテツではレーザートラッカーを使用してトリムラインを測定し、
アーム型ポータブル3次元測定器を使用してスキャンを行いました。
 
今回はお客様も最終的にどういうデータがあれば良いかということが、
はっきりとわからないということなので、まずはスキャンしたデータを基に、
サワテツでデータを修正した物を見て頂いて、詳細を詰めていきました。

サワテツが提出したデータでトライをしてみたところ、
最初に修正したデータで、ウォータージェットで使用するプログラム作成ができました。


リバースエンジニアリングのご紹介 👈ここをクリック

自動車エキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリング

2015年11月
今回は愛知県の大手自動車メーカー様から、自動車のエキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリングのお話を頂きました。
全部で4種類あり、非常に形が複雑な物もあり苦労しました。
複雑なパイプ形状や鋳肌部分の再現などは、ある程度形状を予想して描く必要もありました。
お客様とも打ち合わせをさせて頂き、どこが重要なのかをしっかりと理解した上で進めました。

リバースエンジニアリングは本当にお客様がなにを求めているのかを理解していないと、
最終的に満足いくデータにならないので、そこが一番大事になってきます。
弊社では、求めているデータによってデータの描き方なども変化させて最適なデータをお渡ししています。

愛知県 プレス機械の磨耗修理 アーム型ポータブル三次元測定器

ハードプレートパンフレット
弊社では測定(スキャン)から加工まで一貫して行える設備を保有しています。
サワテツだからできる測定のご提案を致します。
プレス機械など大型の設備だとプレート設置面が磨耗してしまっても、自分では簡単に修理することは難しいです。
今まではメーカーに修理依頼をしていたんではないでしょうか?
そうすると、非常にコストと時間がかかってしまうことが多いと思います。
サワテツでは、持ち運びができる測定で、プレス機の中の磨耗した形状を取り、それにぴったりと合う形状のプレートを作成することが可能です。
今までシムで調整していた職人作業も、ぴったりと合う形状だから誰がつけても同じ位置に来るので設置が簡単です。
そして、傾いていたことで不具合が起きていた場合も、平になることで解決する場合があります。

サワテツだからできる解決方法をぜひ試してください。

※クリックすると画像が大きくなります

愛知県 溶接治具 3次元測定 レーザートラッカー

自動車の溶接治具測定

2015年7月
本日は瀬戸市にある、機械設計会社への出張測定でした。
アーム型ポータブル3次元測定器による、自動車用治具の3次元測定の依頼でした。
ピンやブロックの位置を測定するのですが、ただ測定するだけではなく、測定結果を基に修正を加えて、公差に入れる所まで行います。
実際に測定していると、公差漏れの箇所や図面が違ったりといった問題が出てきました。
もし、間違ったことを教えてしまうと、削り過ぎてしまう可能性もあるので、測定もいつも以上に慎重に行いました。

修正箇所が多く、初め予想していたよりは大幅にかかりましたが、最終的に全ての箇所を修正することができました。
※写真は溶接治具のため、実際の測定物とは異なりますが、イメージとしてはこのような形です。


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

愛知県 プレス機の磨耗面スキャン アーム型ポータブル三次元測定器

2018年12月
今回は愛知県で自動車の鍛造部品を量産している会社様での出張測定でした。

【経緯】

鍛造プレスのスライド面の偏磨耗をスキャンして、摩耗に合ったプレートを製作するという依頼です。
長年使用しているせいで、スライド面が磨耗してしまい、そこにつけているプレートが平行でなくなったことで、
プレートに変に力がかかってしまい、止めているボルトが折れたり、製品に不具合が出てしまうということでした。

スライド面を研磨する案も出たそうですが、ライン上に設置している設備のため、研磨するのにも1000万近く費用と数か月の期間がかかってしまうため、別の方法を検討していたそうです。
そこで、スキャンしてそれにぴったり合うプレートを作成しようということになり、今回弊社にお声がかかりました。


【測定方法】

スキャニング測定、そのデータを基にプレート製作

【ワークサイズ】

プレス機(約2500×2500×4000)

【測定日数】

1日

【測定内容】

ライン上にあるプレス機の中でのスキャン作業なので、非常にせまく大変な作業ですが、
アーム型ポータブル三次元測定器は多関節仕様で入り組んだ場所での測定を得意とします。
 
摩耗部をスキャンし、その形状のSTLデータを作ります。
そのデータを基に、旋盤、マシニングで形状に合った面加工を行います。
 
このお客様は複数のラインを持っているため、定期的に全てのラインを測定をして、スライド面が摩耗している場合は新しくプレートを製作します。
当初想定していたよりも、大幅な費用と時間を短縮できたため、定期保守の中に弊社の作業を入れて頂くことが出来ました。
 

リバースエンジニアリングの詳しい内容のご紹介 👈ここをクリック

プレス機磨耗修理事例👈ここをクリック

写真はわかりずらいですが、ボールエンドミルで表面を全て形状加工しています。

111
image1

愛知県 バイクモデル スキャン測定 アーム型ポータブル三次元測定器

2015年2月

今回の測定はアーム型ポータブル三次元測定器によるスキャン測定でした。
鉄パイプの骨格と粘土で作成したバイクのモデルをスキャンして3Dデータを作成するという依頼でした。
実際にそのスキャンしたモデルを使ってパーツを作り、最終的にはバイクを作成してレースに出るとのことでした。
弊社でも多くのスキャンを行ってきましたが、このような依頼は初めてでした。

スキャン自体は骨格の決められた箇所を基準に形状を測定する物だったので、それほど問題なく終えることができました。
我々はこのようなワクワクするような測定依頼に携われたことを嬉しく思っております。

愛知県 自動車部品 リバースエンジニアリング アーム型ポータブル三次元測定器

2014年12月
今回もアーム型ポータブル3次元測定器で自動車部品のリバースエンジニアリングの依頼でした。
製品自体が大きくないので、社内での測定になります。
この製品は鋳物製品でしたので、自由形状がとても多く、一から寸法を測定するのはなかなか困難ということでスキャンの依頼がきました。
実際にスキャンを行ってみると、想像以上に表面がごつごつしており、うまくとれない部分が出てきました。
最終的に点と点の密度や角度を変えて取得したことで、うまく取得することができました。

愛知県 自動車部品 リバースエンジニアリング アーム型ポータブル三次元測定器

2014年11日
今回もアーム型ポータブル3次元測定器による自動車部品のリバースエンジニアリングです。
社内でのスキャンになります。最終的に設計に使えるデータにして欲しいとのことでした。
この製品は比較的大きかったため、データの処理が非常に多くなり、取得した面データなどが交差してしまったりと色々な問題が起こりました。
また、奥行がある箇所が多かったので、スキャンでは取得することができませんでした。
そこで、おおまかな形状はアーム型ポータブル3次元測定器でスキャンし、位置精度がいる穴や奥行がある箇所は3次元測定機の倣い測定を行いました。
2つの設備を特徴を利用して、最終的に設計できるデータをお渡ししました。

Page 1 of 212