自動車用マット金型のリバースエンジニアリング

2016年2月
今回は自動車用マットの製造を行っている会社様からのご依頼です。
今まで使用している型は現場でその都度修正しているため、正式なCADデータがないとのことです。

ウォータージェットでマットを切断するために、金型の面を再現する事と、トリムラインをデータ化したいというご要望です。
サワテツではレーザートラッカーを使用してトリムラインを測定して、アーム型ポータブル3次元測定器を使用してスキャンを行いました。

リバースエンジニアリングは特に最終的に何に使用するデータかを理解していないと描けません。
描いたは良いが最終的に使えないデータや、必要以上に時間を掛けることで金額ばかり高くなってしまう場合があります。

今回はお客様も最終的にどういうデータがあれば良いかということがはっきりとわからないということなので、まずはスキャンしたデータを基に、サワテツでデータを修正した物を見て頂いて、詳細を詰めていきました。

普段サワテツではご意見をお聞きして、サンプルなどを見て頂いてお客様のイメージとサワテツのイメージを詰めていきます。

スキャンしたままのデータ

スキャンしたままのデータ

修正したデータ

修正したデータ

自動車用プレス品のスキャン

2016年1月
今回のご依頼は、自動車用のプレス製品をスキャンして、形状比較をしたいというものでした。
アーム型ポータブル3次元測定器を使用してスキャンを行います。

製品自体はそれほど大きくなく、スキャンする箇所は多くないのですが、逆に固定できるような形状ではなかったため、かなり苦戦しました。
最終的には、1度に全ての箇所を測定できるような治具を弊社で作成して対処しました。

自動車エキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリング

2015年11月
今回は愛知県の大手自動車メーカー様から、自動車のエキゾーストマニホールドのリバースエンジニアリングのお話を頂きました。
全部で4種類あり、非常に形が複雑な物もあり苦労しました。
複雑なパイプ形状や鋳肌部分の再現などは、ある程度形状を予想して描く必要もありました。
お客様とも打ち合わせをさせて頂き、どこが重要なのかをしっかりと理解した上で進めました。

リバースエンジニアリングは本当にお客様がなにを求めているのかを理解していないと、
最終的に満足いくデータにならないので、そこが一番大事になってきます。
弊社では、求めているデータによってデータの描き方なども変化させて最適なデータをお渡ししています。

プレス機械の磨耗修理

ハードプレートパンフレット
弊社では測定(スキャン)から加工まで一貫して行える設備を保有しています。
サワテツだからできる測定のご提案を致します。
プレス機械など大型の設備だとプレート設置面が磨耗してしまっても、自分では簡単に修理することは難しいです。
今まではメーカーに修理依頼をしていたんではないでしょうか?
そうすると、非常にコストと時間がかかってしまうことが多いと思います。
サワテツでは、持ち運びができる測定で、プレス機の中の磨耗した形状を取り、それにぴったりと合う形状のプレートを作成することが可能です。
今までシムで調整していた職人作業も、ぴったりと合う形状だから誰がつけても同じ位置に来るので設置が簡単です。
そして、傾いていたことで不具合が起きていた場合も、平になることで解決する場合があります。

サワテツだからできる解決方法をぜひ試してください。

※クリックすると画像が大きくなります

自動車用治具の3次元測定

自動車の溶接治具測定

2015年7月
本日は瀬戸市にある、機械設計会社への出張測定でした。
アーム型ポータブル3次元測定器による、自動車用治具の3次元測定の依頼でした。
ピンやブロックの位置を測定するのですが、ただ測定するだけではなく、測定結果を基に修正を加えて、公差に入れる所まで行います。
実際に測定していると、公差漏れの箇所や図面が違ったりといった問題が出てきました。
もし、間違ったことを教えてしまうと、削り過ぎてしまう可能性もあるので、測定もいつも以上に慎重に行いました。

修正箇所が多く、初め予想していたよりは大幅にかかりましたが、最終的に全ての箇所を修正することができました。
※写真は溶接治具のため、実際の測定物とは異なりますが、イメージとしてはこのような形です。

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器を使用すれば3次元座標を作成することが可能です。

3次元座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。

1度3次元座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、複雑な形状でも測定することが可能となっています。

アーム型ポータブル3次元測定器・その他測定事例

CADデータとの比較測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

通常の3次元測定とは違い、CADデータと実物をソフト上で合わせることによって、CADとの誤差を測定する方法になります。
大型の金型や組付品などで活躍する測定の方法です。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】比較測定に使用するCADデータを用意します。

CADデータの原点を確認します。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータの原点と測定物の原点を合わせるために、CADデータと同じ座標になるように測定を行います。

その後CADデータを読み込むと作成した3次元座標上にCADデータがきます。
(※CADとの合わせ方は他にもたくさんあり、用途に応じて様々な方法で測定します。)

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

①~③を測定したとします。
3次元測定のような測定は原点からの座標が出てきます。

それとは別に比較測定だとCADを正として、そこからいくつ違うかという測定になります。
リアルタイムに変わる数値で見れるので、測定をしながら誤差を判別できます。

加工後、金型のミガキの後に形状を見る時などは、比較測定を使用すると測定結果の判別が断然早く、測定時間の短縮、製品保証に繋がります。

CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

リバースエンジニアリング【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

リバースエンジニアリングを依頼した経験ないでしょうか?また、依頼したいけどどこがいいのかわからないという方へ

設備だけある会社に頼んでも求めているデータにはなりません。
リバースエンジニアリングと言っても、何に使用したいCADデータかで大きくデータの取り方、出力の仕方は変わってきます。

スキャンをすれば完璧なデータが作れるわけではなく、機械の特徴と、使用用途をよく理解してデータを作ることが大事なのです。

弊社では、必要に応じて2つの設備を活用し、最良のデータを作成しております。

スキャン
△にした理由

簡単な形状ならさほど問題ありませんが、穴や奥行があった場合スキャンだけで完璧なデータは無理だと考えております。

必ず人によるデータの修正が必要になります。
つまり、設備さえあれば誰でもできるわけではなく、用途をしっかりと理解していないと結局使えないデータになってしまうのです。

使えないデータ例

スキャンスキャン

設計したいお客様に対しても提出するCADデータだからと必要以上に綺麗に処理する会社もありますが、スキャンしたデータをいくら綺麗にした所で設計する際に使用しないですし、見た目は綺麗になりますが処理をすればする程、元のデータとは変わってきてしまいます。

結局、無駄な時間ばかりかかり、金額が高くなってしまいます。
設計をしたことがない人がスキャンは出来ても、修正をすることは絶対に無理なのです。

弊社では無理な修正はせず、CADデータ化へ

無理な修正はせず、CADデータ化無理な修正はせず、CADデータ化


アーム型ポータブル3次元測定器によるスキャン風景です。

スキャンは図面がない製品や手で作成した物をCADデータ化するのにとても便利です。
大まかな形状であればかなり早くデータを取得することが可能です。
CADデータ化さえしてしまえば、形状の修正、大きさの変更、マスターモデルとの形状比較、3Dプリンター用データ出力など様々なことが可能になります。

弊社では最終的にどう使用するかで、スキャン方法も検討しております。

1つ目の動画(自動車関連部品スキャン)でスキャンした物をCADデータ化した物です。

この製品では設計用のCADデータが欲しいという依頼だったので、スキャンデータ(グレー)と3次元測定による輪郭データ(赤)を取得しました。
大まかで良い箇所はスキャン、大事な部分は3次元測定機と使い分けることで、最終的に設計できるデータとなっています。

弊社では最終的にお客様が設計できるデータとしてお渡ししなければ意味がないと考えております。

自社で設計した経験などから、スキャンで大まかな形状を測り、3次元測定機で穴位置を測定して座標として出します。
そして、スキャンで届かない奥行がある箇所などは、3次元測定機の倣い(形状)測定を使用して形状を出します。

サワテツは多くの経験、豊富な設備を駆使してお客様に満足のいくデータを提供しています。

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

スキャンしたCADデータを使うことで、マスターCADデータとの色による形状比較が可能になります。

点での比較より形状全体での評価が可能になるので、形状の傾向なども一目瞭然になります。

加工後の形状評価や、摩耗した型の現状分析、接触式では動いてしまう薄い成形品などは、スキャンを使用することにより測定が可能になります。

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器は自動車の溶接治具のような複雑な形状をしている製品を得意としております。

測定箇所が多く複雑な形状のため、自由に向きを変更できるため、レイアウトマシーンのような設備より大幅に測定時間の短縮が可能になります。

また、CADデータを取り込むことによって、リアルタイムで設計値との誤差をソフト上で見ながら調整が行えます。

CADデータとの比較測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

通常の3次元測定とは違い、CADデータと実物をソフト上で合わせることによって、CADとの誤差を測定する方法になります。
大型の金型や組付品などで活躍する測定の方法です。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】比較測定に使用するCADデータを用意します。

CADデータの原点を確認します。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータの原点と測定物の原点を合わせるために、CADデータと同じ座標になるように測定を行います。

その後CADデータを読み込むと作成した3次元座標上にCADデータがきます。
(※CADとの合わせ方は他にもたくさんあり、用途に応じて様々な方法で測定します。)

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

①~③を測定したとします。
3次元測定のような測定は原点からの座標が出てきます。

それとは別に比較測定だとCADを正として、そこからいくつ違うかという測定になります。
リアルタイムに変わる数値で見れるので、測定をしながら誤差を判別できます。

加工後、金型のミガキの後に形状を見る時などは、比較測定を使用すると測定結果の判別が断然早く、測定時間の短縮、製品保証に繋がります。

CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

アーム型ポータブル3次元測定器・その他測定事例

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器を使用すれば3次元座標を作成することが可能です。

3次元座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。

1度3次元座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、複雑な形状でも測定することが可能となっています。

リバースエンジニアリング【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

リバースエンジニアリングを依頼した経験ないでしょうか?また、依頼したいけどどこがいいのかわからないという方へ

設備だけある会社に頼んでも求めているデータにはなりません。
リバースエンジニアリングと言っても、何に使用したいCADデータかで大きくデータの取り方、出力の仕方は変わってきます。

スキャンをすれば完璧なデータが作れるわけではなく、機械の特徴と、使用用途をよく理解してデータを作ることが大事なのです。

弊社では、必要に応じて2つの設備を活用し、最良のデータを作成しております。

スキャン
△にした理由

簡単な形状ならさほど問題ありませんが、穴や奥行があった場合スキャンだけで完璧なデータは無理だと考えております。

必ず人によるデータの修正が必要になります。
つまり、設備さえあれば誰でもできるわけではなく、用途をしっかりと理解していないと結局使えないデータになってしまうのです。

使えないデータ例

スキャンスキャン

設計したいお客様に対しても提出するCADデータだからと必要以上に綺麗に処理する会社もありますが、スキャンしたデータをいくら綺麗にした所で設計する際に使用しないですし、見た目は綺麗になりますが処理をすればする程、元のデータとは変わってきてしまいます。

結局、無駄な時間ばかりかかり、金額が高くなってしまいます。
設計をしたことがない人がスキャンは出来ても、修正をすることは絶対に無理なのです。

弊社では無理な修正はせず、CADデータ化へ

無理な修正はせず、CADデータ化無理な修正はせず、CADデータ化


アーム型ポータブル3次元測定器によるスキャン風景です。

スキャンは図面がない製品や手で作成した物をCADデータ化するのにとても便利です。
大まかな形状であればかなり早くデータを取得することが可能です。
CADデータ化さえしてしまえば、形状の修正、大きさの変更、マスターモデルとの形状比較、3Dプリンター用データ出力など様々なことが可能になります。

弊社では最終的にどう使用するかで、スキャン方法も検討しております。

1つ目の動画(自動車関連部品スキャン)でスキャンした物をCADデータ化した物です。

この製品では設計用のCADデータが欲しいという依頼だったので、スキャンデータ(グレー)と3次元測定による輪郭データ(赤)を取得しました。
大まかで良い箇所はスキャン、大事な部分は3次元測定機と使い分けることで、最終的に設計できるデータとなっています。

弊社では最終的にお客様が設計できるデータとしてお渡ししなければ意味がないと考えております。

自社で設計した経験などから、スキャンで大まかな形状を測り、3次元測定機で穴位置を測定して座標として出します。
そして、スキャンで届かない奥行がある箇所などは、3次元測定機の倣い(形状)測定を使用して形状を出します。

サワテツは多くの経験、豊富な設備を駆使してお客様に満足のいくデータを提供しています。

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

スキャンしたCADデータを使うことで、マスターCADデータとの色による形状比較が可能になります。

点での比較より形状全体での評価が可能になるので、形状の傾向なども一目瞭然になります。

加工後の形状評価や、摩耗した型の現状分析、接触式では動いてしまう薄い成形品などは、スキャンを使用することにより測定が可能になります。

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器は自動車の溶接治具のような複雑な形状をしている製品を得意としております。

測定箇所が多く複雑な形状のため、自由に向きを変更できるため、レイアウトマシーンのような設備より大幅に測定時間の短縮が可能になります。

また、CADデータを取り込むことによって、リアルタイムで設計値との誤差をソフト上で見ながら調整が行えます。

リバースエンジニアリング【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

リバースエンジニアリングを依頼した経験ないでしょうか?また、依頼したいけどどこがいいのかわからないという方へ

設備だけある会社に頼んでも求めているデータにはなりません。
リバースエンジニアリングと言っても、何に使用したいCADデータかで大きくデータの取り方、出力の仕方は変わってきます。

スキャンをすれば完璧なデータが作れるわけではなく、機械の特徴と、使用用途をよく理解してデータを作ることが大事なのです。

弊社では、必要に応じて2つの設備を活用し、最良のデータを作成しております。

スキャン
△にした理由

簡単な形状ならさほど問題ありませんが、穴や奥行があった場合スキャンだけで完璧なデータは無理だと考えております。

必ず人によるデータの修正が必要になります。
つまり、設備さえあれば誰でもできるわけではなく、用途をしっかりと理解していないと結局使えないデータになってしまうのです。

使えないデータ例

スキャンスキャン

設計したいお客様に対しても提出するCADデータだからと必要以上に綺麗に処理する会社もありますが、スキャンしたデータをいくら綺麗にした所で設計する際に使用しないですし、見た目は綺麗になりますが処理をすればする程、元のデータとは変わってきてしまいます。

結局、無駄な時間ばかりかかり、金額が高くなってしまいます。
設計をしたことがない人がスキャンは出来ても、修正をすることは絶対に無理なのです。

弊社では無理な修正はせず、CADデータ化へ

無理な修正はせず、CADデータ化無理な修正はせず、CADデータ化


アーム型ポータブル3次元測定器によるスキャン風景です。

スキャンは図面がない製品や手で作成した物をCADデータ化するのにとても便利です。
大まかな形状であればかなり早くデータを取得することが可能です。
CADデータ化さえしてしまえば、形状の修正、大きさの変更、マスターモデルとの形状比較、3Dプリンター用データ出力など様々なことが可能になります。

弊社では最終的にどう使用するかで、スキャン方法も検討しております。

1つ目の動画(自動車関連部品スキャン)でスキャンした物をCADデータ化した物です。

この製品では設計用のCADデータが欲しいという依頼だったので、スキャンデータ(グレー)と3次元測定による輪郭データ(赤)を取得しました。
大まかで良い箇所はスキャン、大事な部分は3次元測定機と使い分けることで、最終的に設計できるデータとなっています。

弊社では最終的にお客様が設計できるデータとしてお渡ししなければ意味がないと考えております。

自社で設計した経験などから、スキャンで大まかな形状を測り、3次元測定機で穴位置を測定して座標として出します。
そして、スキャンで届かない奥行がある箇所などは、3次元測定機の倣い(形状)測定を使用して形状を出します。

サワテツは多くの経験、豊富な設備を駆使してお客様に満足のいくデータを提供しています。

アーム型ポータブル3次元測定器・その他測定事例

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器を使用すれば3次元座標を作成することが可能です。

3次元座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。

1度3次元座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、複雑な形状でも測定することが可能となっています。

CADデータとの比較測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

通常の3次元測定とは違い、CADデータと実物をソフト上で合わせることによって、CADとの誤差を測定する方法になります。
大型の金型や組付品などで活躍する測定の方法です。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】比較測定に使用するCADデータを用意します。

CADデータの原点を確認します。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータの原点と測定物の原点を合わせるために、CADデータと同じ座標になるように測定を行います。

その後CADデータを読み込むと作成した3次元座標上にCADデータがきます。
(※CADとの合わせ方は他にもたくさんあり、用途に応じて様々な方法で測定します。)

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

①~③を測定したとします。
3次元測定のような測定は原点からの座標が出てきます。

それとは別に比較測定だとCADを正として、そこからいくつ違うかという測定になります。
リアルタイムに変わる数値で見れるので、測定をしながら誤差を判別できます。

加工後、金型のミガキの後に形状を見る時などは、比較測定を使用すると測定結果の判別が断然早く、測定時間の短縮、製品保証に繋がります。

CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

スキャンしたCADデータを使うことで、マスターCADデータとの色による形状比較が可能になります。

点での比較より形状全体での評価が可能になるので、形状の傾向なども一目瞭然になります。

加工後の形状評価や、摩耗した型の現状分析、接触式では動いてしまう薄い成形品などは、スキャンを使用することにより測定が可能になります。

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器は自動車の溶接治具のような複雑な形状をしている製品を得意としております。

測定箇所が多く複雑な形状のため、自由に向きを変更できるため、レイアウトマシーンのような設備より大幅に測定時間の短縮が可能になります。

また、CADデータを取り込むことによって、リアルタイムで設計値との誤差をソフト上で見ながら調整が行えます。

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

スキャンしたCADデータを使うことで、マスターCADデータとの色による形状比較が可能になります。

点での比較より形状全体での評価が可能になるので、形状の傾向なども一目瞭然になります。

加工後の形状評価や、摩耗した型の現状分析、接触式では動いてしまう薄い成形品などは、スキャンを使用することにより測定が可能になります。

アーム型ポータブル3次元測定器・その他測定事例

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器を使用すれば3次元座標を作成することが可能です。

3次元座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。

1度3次元座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、複雑な形状でも測定することが可能となっています。

CADデータとの比較測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

通常の3次元測定とは違い、CADデータと実物をソフト上で合わせることによって、CADとの誤差を測定する方法になります。
大型の金型や組付品などで活躍する測定の方法です。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】比較測定に使用するCADデータを用意します。

CADデータの原点を確認します。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータの原点と測定物の原点を合わせるために、CADデータと同じ座標になるように測定を行います。

その後CADデータを読み込むと作成した3次元座標上にCADデータがきます。
(※CADとの合わせ方は他にもたくさんあり、用途に応じて様々な方法で測定します。)

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

①~③を測定したとします。
3次元測定のような測定は原点からの座標が出てきます。

それとは別に比較測定だとCADを正として、そこからいくつ違うかという測定になります。
リアルタイムに変わる数値で見れるので、測定をしながら誤差を判別できます。

加工後、金型のミガキの後に形状を見る時などは、比較測定を使用すると測定結果の判別が断然早く、測定時間の短縮、製品保証に繋がります。

CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

リバースエンジニアリング【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

リバースエンジニアリングを依頼した経験ないでしょうか?また、依頼したいけどどこがいいのかわからないという方へ

設備だけある会社に頼んでも求めているデータにはなりません。
リバースエンジニアリングと言っても、何に使用したいCADデータかで大きくデータの取り方、出力の仕方は変わってきます。

スキャンをすれば完璧なデータが作れるわけではなく、機械の特徴と、使用用途をよく理解してデータを作ることが大事なのです。

弊社では、必要に応じて2つの設備を活用し、最良のデータを作成しております。

スキャン
△にした理由

簡単な形状ならさほど問題ありませんが、穴や奥行があった場合スキャンだけで完璧なデータは無理だと考えております。

必ず人によるデータの修正が必要になります。
つまり、設備さえあれば誰でもできるわけではなく、用途をしっかりと理解していないと結局使えないデータになってしまうのです。

使えないデータ例

スキャンスキャン

設計したいお客様に対しても提出するCADデータだからと必要以上に綺麗に処理する会社もありますが、スキャンしたデータをいくら綺麗にした所で設計する際に使用しないですし、見た目は綺麗になりますが処理をすればする程、元のデータとは変わってきてしまいます。

結局、無駄な時間ばかりかかり、金額が高くなってしまいます。
設計をしたことがない人がスキャンは出来ても、修正をすることは絶対に無理なのです。

弊社では無理な修正はせず、CADデータ化へ

無理な修正はせず、CADデータ化無理な修正はせず、CADデータ化


アーム型ポータブル3次元測定器によるスキャン風景です。

スキャンは図面がない製品や手で作成した物をCADデータ化するのにとても便利です。
大まかな形状であればかなり早くデータを取得することが可能です。
CADデータ化さえしてしまえば、形状の修正、大きさの変更、マスターモデルとの形状比較、3Dプリンター用データ出力など様々なことが可能になります。

弊社では最終的にどう使用するかで、スキャン方法も検討しております。

1つ目の動画(自動車関連部品スキャン)でスキャンした物をCADデータ化した物です。

この製品では設計用のCADデータが欲しいという依頼だったので、スキャンデータ(グレー)と3次元測定による輪郭データ(赤)を取得しました。
大まかで良い箇所はスキャン、大事な部分は3次元測定機と使い分けることで、最終的に設計できるデータとなっています。

弊社では最終的にお客様が設計できるデータとしてお渡ししなければ意味がないと考えております。

自社で設計した経験などから、スキャンで大まかな形状を測り、3次元測定機で穴位置を測定して座標として出します。
そして、スキャンで届かない奥行がある箇所などは、3次元測定機の倣い(形状)測定を使用して形状を出します。

サワテツは多くの経験、豊富な設備を駆使してお客様に満足のいくデータを提供しています。

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器は自動車の溶接治具のような複雑な形状をしている製品を得意としております。

測定箇所が多く複雑な形状のため、自由に向きを変更できるため、レイアウトマシーンのような設備より大幅に測定時間の短縮が可能になります。

また、CADデータを取り込むことによって、リアルタイムで設計値との誤差をソフト上で見ながら調整が行えます。

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器は自動車の溶接治具のような複雑な形状をしている製品を得意としております。

測定箇所が多く複雑な形状のため、自由に向きを変更できるため、レイアウトマシーンのような設備より大幅に測定時間の短縮が可能になります。

また、CADデータを取り込むことによって、リアルタイムで設計値との誤差をソフト上で見ながら調整が行えます。

アーム型ポータブル3次元測定器・その他測定事例

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】3次元測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

アーム型ポータブル3次元測定器を使用すれば3次元座標を作成することが可能です。

3次元座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。

1度3次元座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、複雑な形状でも測定することが可能となっています。

CADデータとの比較測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

通常の3次元測定とは違い、CADデータと実物をソフト上で合わせることによって、CADとの誤差を測定する方法になります。
大型の金型や組付品などで活躍する測定の方法です。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】比較測定に使用するCADデータを用意します。

CADデータの原点を確認します。

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータの原点と測定物の原点を合わせるために、CADデータと同じ座標になるように測定を行います。

その後CADデータを読み込むと作成した3次元座標上にCADデータがきます。
(※CADとの合わせ方は他にもたくさんあり、用途に応じて様々な方法で測定します。)

CADデータとの比較測定【レーザートラッカー・測定事例】CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

①~③を測定したとします。
3次元測定のような測定は原点からの座標が出てきます。

それとは別に比較測定だとCADを正として、そこからいくつ違うかという測定になります。
リアルタイムに変わる数値で見れるので、測定をしながら誤差を判別できます。

加工後、金型のミガキの後に形状を見る時などは、比較測定を使用すると測定結果の判別が断然早く、測定時間の短縮、製品保証に繋がります。

CADデータと測定物をソフト上で合わせた測定

リバースエンジニアリング【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

リバースエンジニアリングを依頼した経験ないでしょうか?また、依頼したいけどどこがいいのかわからないという方へ

設備だけある会社に頼んでも求めているデータにはなりません。
リバースエンジニアリングと言っても、何に使用したいCADデータかで大きくデータの取り方、出力の仕方は変わってきます。

スキャンをすれば完璧なデータが作れるわけではなく、機械の特徴と、使用用途をよく理解してデータを作ることが大事なのです。

弊社では、必要に応じて2つの設備を活用し、最良のデータを作成しております。

スキャン
△にした理由

簡単な形状ならさほど問題ありませんが、穴や奥行があった場合スキャンだけで完璧なデータは無理だと考えております。

必ず人によるデータの修正が必要になります。
つまり、設備さえあれば誰でもできるわけではなく、用途をしっかりと理解していないと結局使えないデータになってしまうのです。

使えないデータ例

スキャンスキャン

設計したいお客様に対しても提出するCADデータだからと必要以上に綺麗に処理する会社もありますが、スキャンしたデータをいくら綺麗にした所で設計する際に使用しないですし、見た目は綺麗になりますが処理をすればする程、元のデータとは変わってきてしまいます。

結局、無駄な時間ばかりかかり、金額が高くなってしまいます。
設計をしたことがない人がスキャンは出来ても、修正をすることは絶対に無理なのです。

弊社では無理な修正はせず、CADデータ化へ

無理な修正はせず、CADデータ化無理な修正はせず、CADデータ化


アーム型ポータブル3次元測定器によるスキャン風景です。

スキャンは図面がない製品や手で作成した物をCADデータ化するのにとても便利です。
大まかな形状であればかなり早くデータを取得することが可能です。
CADデータ化さえしてしまえば、形状の修正、大きさの変更、マスターモデルとの形状比較、3Dプリンター用データ出力など様々なことが可能になります。

弊社では最終的にどう使用するかで、スキャン方法も検討しております。

1つ目の動画(自動車関連部品スキャン)でスキャンした物をCADデータ化した物です。

この製品では設計用のCADデータが欲しいという依頼だったので、スキャンデータ(グレー)と3次元測定による輪郭データ(赤)を取得しました。
大まかで良い箇所はスキャン、大事な部分は3次元測定機と使い分けることで、最終的に設計できるデータとなっています。

弊社では最終的にお客様が設計できるデータとしてお渡ししなければ意味がないと考えております。

自社で設計した経験などから、スキャンで大まかな形状を測り、3次元測定機で穴位置を測定して座標として出します。
そして、スキャンで届かない奥行がある箇所などは、3次元測定機の倣い(形状)測定を使用して形状を出します。

サワテツは多くの経験、豊富な設備を駆使してお客様に満足のいくデータを提供しています。

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】» 個別ページ

色による形状評価【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】

スキャンしたCADデータを使うことで、マスターCADデータとの色による形状比較が可能になります。

点での比較より形状全体での評価が可能になるので、形状の傾向なども一目瞭然になります。

加工後の形状評価や、摩耗した型の現状分析、接触式では動いてしまう薄い成形品などは、スキャンを使用することにより測定が可能になります。