岐阜県 風力発電用大型部品 三次元測定-1 レーザートラッカー

大型鋳物の3次元測定

2014年10月
今回は静岡県にある、大手鋳物メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
大型の鋳物部品を受注したが、測定できる設備を持っていないそうです。
特に今回の部品は、風力発電に使用する部品のため、
非常に高精度が要求される部品でした。

さらに、非常に薄い部分があり、加工後に変形が起きやすいため、
ただ、測定をするだけではなく、円の傾向などもお客様は知りたかったそうです。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3m×4m×2m

【測定日数】

1日

【測定内容】

大型部品の中央に、ベアリングがはまる直径1ⅿ程度の穴と、
その周りにある穴の位置関係に厳しい公差がありました。
 
φ1000ぐらいある穴のため、温度によってすぐに1/100単位で変化してしまいます。
そのため、温度変化が少ない朝1番での測定を行うことになりました。
 
大型の製品なので、穴径を測定しているだけでも時間がかかってしまい、
温度変化が起こっている可能性もあったので、測定が正しいかどうか3度測定して確認しました。
特にこれだけ大きいと、楕円になっている可能性もあるので、
単純に穴径を出すだけではなく、穴がどうのような傾向にあるのかも評価しました。
 
それにより、お客様も加工方法の検討や、最終ユーザー様に具体的に説明することが可能になります。
弊社でも大物の製品の場合は特に注意して測定するように心がけております。
 

 

MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

京都府 医療用部品 スキャン~リバースエンジニアリング

キャプチャ

2014年10月
今回は京都府で医療用設備の部品設計をしている会社様からのご依頼でした。
製品も小さいことから、サワテツに郵送して頂き、後日データを提出する流れになります。

【経緯】
 
図面やデータがなく、3Ⅾプリンターで作られた部品しかない状況でした。
今回はその部品のデータを取り、CADデータが欲しいというご要望がありました。
最終的にはお客様の方で、CADのデータを参考にし、
データ作成をしていくことになりました。
 


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータでの出力

【ワークサイズ】

50×50×250

【測定日数】

1日

【測定内容】

今回の部品は基準として使用できそうな箇所がないため、
できる限り1回で全ての箇所をスキャニングする必要がありました。
 
そのため、社内で測定用の治具を作成し、
多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用してスキャニングを行いました。

その後、取得したデータ(今回はIGESデータ)を提出しました。
 


リバースエンジニアリングの詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

静岡県 大型食品設備 三次元測定~調整測定

大型設備の設置
2014年9月
今回は静岡県で食品向けの大型設備の製作をしている会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
卵焼きを作る設備のため、ベルトコンベヤーが傾いていると均一に卵焼きが作れないそうです。
今までは水準器などを使用して、設備の据付を行っていたそうですが、
水準器では高さの測定ができないため、据付後に不具合が多く出ていたそうです。
そのため、三次元座標で測定ができる会社を探していたところ、
サワテツのHPを見てご依頼頂きました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定しながら設備の設置

【ワークサイズ】

2m×10m×1m

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
液体の場合、床を基準にしてしまうと、液体が傾いてしまう可能性があります。
そのため、今回はレーザートラッカーの機能でもある、
重力に対して水平な基準面を設定する方法を採用しました。

その基準面に対して、回転軸の三次元測定を行いました。
位置度、角度、距離などを測定し、その測定結果を基に微調整することで、
液体でも水平にすることが可能です。

特に大きな設備を測定する場合は、1つの基準で測定をすることで、
精度良く測定をすることができます。

今回のような、液体の場合は、何に対して水平にしないといけないかを、
よく理解して測定をしないと、問題が解決できません。
 

 

MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック


調整測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

愛知県 航空機のマスターモデル 比較測定 レーザートラッカー

2014年8月27日
今回は同じ愛知県での出張測定に行ってきました。
レーザートラッカーによる航空機のマスターモデルのCADデータとの比較測定です。
今回の測定では、製品とCADデータをソフト上で合わせる作業に手間取りました。
原因として、測定前にCADデータの交点間の距離と現物の交点間の距離を確認してみると大幅に違うことがわかりました。
お客様と相談して、最終的には取得した点の座標を基に新しく設計するとのことで、今回は中間値で進めていくことになりました。
無事測定を終えることができました。


CADデータとの比較測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

埼玉県 溶接治具 調整測定 アーム型ポータブル三次元測定器

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】
2013年8月
今回は埼玉県へ大手自動車メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
2013年7月に測定させて頂いた治具を、自動車メーカー様の工場に設置し、
再度、最終測定を行いました。

→2013年7月測定事例
 


【測定方法】

各部品を測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
前回、サワテツの方で調整を行っている治具ですが、
どうしても1/100単位では、取付時に数値が変わってしまいます。

そのため、再度測定を行い、微妙に公差から外れている物があった場合は、
微調整を行いました。

その後、最終測定を行い、測定結果を大手メーカーのご担当者様にご確認頂きました。
 

 


調整測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

神奈川県 溶接治具 調整測定 アーム型ポータブル三次元測定器

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】
2013年7月
今回は神奈川県で自動車用治具の製作会社様への出張測定でした。

【経緯】

自動車向け溶接治具は多くの部品をアッセンブリして製作します。
組付けて終わりではなく、測定しながら部品を微調整していく必要があります。
測定と調整を行ってくれる会社があまりなく、サワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

各部品を測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
治具の基準を測定し、座標系を作成します。
各部品を測定した結果を基に、シム調整を行います。
一度の調整ではなかなか公差内に収まらないことも多くあるため、
測定と調整を繰り返し行います。

最終的に全ての部品を再測定し、公差内に収まっているかを確認します。
 

 


調整測定の内容・動画のご紹介 👈ここをクリック

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。

岡山県 CFRP主翼 CADデータとの比較測定

カド cfrp 2013.4
2013年4月
今回は岡山県へCFRP,GFRPの製品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
普段の業務では高精度に評価しなければならない製品は少ないそうですが、
今回はJAXAとの共同研究で、大型のCFRPの主翼を製作したため、測定に困っていたそうです。
そのため、サワテツにご依頼を頂きました。
 


【測定方法】
 
レーザートラッカーによる航空機の主翼のCADデータとの比較測定

【ワークサイズ】

5000×3000

【測定時間】

2日

【測定内容】

測定物が平面に近いため、CADデータとCFRP主翼の座標系を合わせることが非常に難しかったです。
そのため、今回は点と点のベストフィットという手法を使用して、
座標系を合わせました。
 
元からCAD上に点があったわけではなかったので、お客様と相談して、合わせるポイントを決めました。

今回の測定では、私共も様々な方法を検討したことで、大変勉強になった測定でした。
  
【CADデータとの比較測定】

三次元測定と違い、CADデータと比較測定をすることで、
誤差をすぐに判断できる測定方法となります。
 
座標系に対しての数値ではなく、
測定している面との誤差の評価なので、
曲面や三次元形状の評価も可能となる測定方法です。


CADデータとの比較測定の紹介動画 👈ここをクリック

【サワテツの強み】
 
CADデータとの比較測定は、座標系を合わせることさえできれば、簡単に測定できます。
ただし、座標系を合わせる方法はいくつもあるので、
どういう方法で合わせ込むかをしっかりと考えないといけないです。

特に今回は当初打合せをしていた物と仕様変更により、
想定していた方法ができなかったです。
 
そのような中でも、サワテツは様々な業界で測定実績が豊富にあるため、
最適な測定方法を選定することができます。

東京都 トラック用金型 CADデータとの比較測定 レーザートラッカー

アメリカ

2015年1月
今回は東京都で大型の自動車用金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

今までは三次元測定機で測定をしていたそうです。
ただし、今回は三次元測定機に乗らないような大きさの大型の金型を受注したため、
測定に困っていたそうです。
そこで、サワテツにご依頼を頂きました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用してCADデータとの比較測定

【ワークサイズ】

2500×1500×700

【測定時間】

1日

【測定内容】

金型の座標系とCADデータの座標系を合わせ、比較測定を行いました。
各サーフェス面毎にポイントを取り、CADデータとの誤差を測定します。
最終的には、測定箇所、測定した点の座標、設計値との誤差をレポートとしてご提出しました。
 
【CADデータとの比較測定】

三次元測定と違い、CADデータと比較測定をすることで、
誤差をすぐに判断できる測定方法となります。
 
座標系に対しての数値ではなく、
測定している面との誤差の評価なので、
曲面や三次元形状の評価も可能となる測定方法です。


CADデータとの比較測定の紹介動画 👈ここをクリック

【サワテツの強み】
 
CADデータとの比較測定は、座標系を合わせることさえできれば、簡単に測定できます。
ただし、座標系を合わせる方法はいくつもあるので、
どういう方法で合わせ込むかをしっかりと考えないといけないです。

測定する製品やお客様から求められている内容によって、合わせ方を変える必要があります。
サワテツは様々な業界で測定実績が豊富にあるため、
様々な測定方法を熟知しています。

そのため、
最適な測定方法を選定することができます。

愛知県 浴槽金型 CADデータとの比較測定 レーザートラッカー

浴槽金型

今回は愛知県で住宅向け大型の金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

大型の金型を製作していて、今までは高精度な測定はお客様から求められていなかったそうです。
しかし、最近は保証のために、金型の品質保証まで求められるようになってきたそうです。
品質保証のためにサワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用してCADデータとの比較測定

【ワークサイズ】

1500×1000×700

【測定時間】

4時間

【測定内容】

金型の座標系とCADデータの座標系を合わせ、比較測定を行いました。
各サーフェス面毎にポイントを取り、CADデータとの誤差を測定します。
最終的には、測定箇所、測定した点の座標、設計値との誤差をレポートとしてご提出しました。
 
【CADデータとの比較測定】

三次元測定と違い、CADデータと比較測定をすることで、
誤差をすぐに判断できる測定方法となります。
 
座標系に対しての数値ではなく、
測定している面との誤差の評価なので、
曲面や三次元形状の評価も可能となる測定方法です。


CADデータとの比較測定の紹介動画 👈ここをクリック

【サワテツの強み】
 
CADデータとの比較測定は、座標系を合わせることさえできれば、簡単に測定できます。
ただし、座標系を合わせる方法はいくつもあるので、
どういう方法で合わせ込むかをしっかりと考えないといけないです。

測定する製品やお客様から求められている内容によって、合わせ方を変える必要があります。
サワテツは様々な業界で測定実績が豊富にあるため、
様々な測定方法を熟知しています。

そのため、
最適な測定方法を選定することができます。

愛知県 航空宇宙 大型設備の校正 レーザートラッカー

大型設備の校正【レーザートラッカー・測定事例】
2012年12月

今回は愛知県の大手繊維メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
現在、社内で使用している設備を1年に1度、校正目的で測定を行いたいということでした。
大型設備のため、今までは精度の確認をする方法がないと思っていたそうです。
 
ただし、しっかりと品質保証をするために、一度設備の測定をできる方法がないかと、
インターネットで検索していた際に、サワテツのHPを見つけてご連絡頂けました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3m×5m×2m

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
主軸の先端にSMR(測定球)を設置し、設備内での同じ座標を移動前後に測定をする方法です。

レーザーの性質上、遮ってしまう物があると、1回では測定ができません。
そのため、どこにレーザートラッカーを設置するかを、
設備の動きをイメージして考える必要があります。
 
設備内では同じ座標になっていても、高精度で測定してみると、
1/100単位での誤差が出ることがあります。

お客様の設備の保証上、5/100までは許容値となるということで、
今回は全て許容値内に収まっておりました。

この測定は毎年1回依頼をして頂いており、大型設備の精度保証する上で非常に重要になってきています。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
今回のような大きい設備の三次元測定することも、
レーザートラッカーを使用をすれば可能となります。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
大きな設備でも測定することが可能です。

 

MEGA三次元測定の紹介動画 👈ここをクリック

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。

Page 6 of 8« First...45678