静岡県でのレーザートラッカーを使用した大手自動車設備メーカーの設備の三次元測定

設備の三次元測定
2021年9月
今回は静岡県で大手自動車メーカー様での車両検査設備の三次元測定となります。

【経緯】
毎年数回ご依頼を頂いている案件となります。
自動車メーカー様で完成車両の検査を行うための設備の基準球の測定となります。
カメラタイプの検査設備のため、検査前に測定球を測定し、校正を行います。
そのため、基準に対して、測定球の位置が正しいかを、自動車メーカー様に納める前に測定を行います。
車両1台が丸々入る大型の設備のため、レーザートラッカーを使用した測定となり、サワテツにご依頼頂いております。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

6000mm×4000mm×1000mm

【測定日数】

1日

【測定内容】

ベース基準に対して、測定球の位置を測定します。
その位置が、設計値と比べて公差内に入っているかを評価します。

実際の設備は配線や干渉物が多く、測定球はポールの裏になっている箇所もあるため、レーザートラッカー何度か移動する必要があります。
そのため、レーザートラッカーを設置する位置が非常に大事になります。


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック