愛知県 多関節ロボット 軌跡測定からティーチング修正 レーザートラッカー

ロボット軌跡測定

2015年8月
今回は愛知県で大手自動車メーカー様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、量産加工のために大型多関節ロボットを導入しましたが、
ティーチングした通りにロボットが動いてくれず、製品が不良になっていました。
原因として考えられるのは、ロボットの先端にエンドミルを取付て加工するため、
加工負荷がかかることで実際に指令した通りに動いていなかったです。
実際に加工負荷がかかった状態の軌跡を評価し、
負荷を踏まえてティーチングし直すために、今回サワテツにご依頼を頂きました。


【測定方法】

ロボット先端部の軌跡測定

【ワークサイズ】

800×800×2000の多関節ロボット

【測定日数】

1日

【測定内容】

ロボットの先端部にSMRという測定球を取り付けて、
実際に加工している状態での軌跡をレーザートラッカーで測定しました。
測定したデータをアウトプットし、お客様がティーチングをし直し、
再度測定をするというのを繰り返しました。
何度かティーチングと測定を繰り返すと、お客様が求める加工軌跡を動くようになりました。


軌跡測定の詳しい内容・動画のご紹介 👈ここをクリック