福井県 医療 搬送コンベア設備 軌跡測定 レーザートラッカー

コマツ産機

2017年8月
今回は福井県で大手産業設備メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
お客様の工場では、大型の設備を製作しており
“動作確認したところ思っている動きと少し違う気がする”というところからご連絡いただきました。
 
設備はプログラムで動いてはいるが、組付け誤差やその他の問題で、
思った動きをしない可能性があるということで、
設備の軌跡を測定したいということでした。
 


【測定方法】

搬送コンベアの動作を軌跡測定

【ワークサイズ】

7000×5000×2500

【測定日数】

1日

【測定内容】

搬送コンベアの平らな部分にSMRという測定球を取り付けて、
実際に使用される動作の軌跡をレーザートラッカーで測定しました。

今回は動作を修正するのではなくデータとして取っておきたいとのことで、
同じ動作で何回か測定し、動きの確認と繰り返し誤差の確認をしました。
 


軌跡測定の詳しい内容・動画のご紹介 👈ここをクリック