福岡県 風力発電用部品 三次元測定 レーザートラッカー

石橋 2015.8
2015年2月
今回は福岡県で風力発電用部品を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】

お客様の工場では、今回洋上風車用部品を受注したため、
高精度での部品製作が求められていました。
超大型の部品のため、測定する設備を持っておらず、
サワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

2.3m×2.3m×0.8m

【測定日数】

1日

【測定内容】

超大型部品の直径・穴ピッチ・位置度・同軸度・平面度をレーザートラッカーを使用して三次元測定しました。
 
超高精度での測定が求められたため、
測定時の振動を無くし、温度も一定に保ってもらいながら測定を行いました。
できる限り測定環境を良くすることで、測定の誤差を最小限に抑えることができます。

測定の際は、何度か同じ箇所を測定し、
測定結果にばらつきがないかも確認しながらの測定でした。
 


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック