造船 曲面板の三次元形状測定

28年2月
今回は長崎県での大手重工様への出張測定になります。
レーザートラッカーにて、プレス曲げした大きなアルミ板の曲面を三次元測定しました。
5m程度ある大きな板のため、測定箇所も多く、大変ではありましたが、無事測定を終えることができました。

5m程ある板を、大きなプレス機で曲げていく工程を拝見させて頂きました。
こんな大きな板が少しずつ曲がっていく過程は、なかなか見ることができないので、非常に良い経験ができました。