三重県 自動車 マット金型のリバースエンジニアリング

スキャンしたままのデータ

スキャンしたままのデータ

修正したデータ

修正したデータ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

2016年2月
今回は三重県にある、自動車用マットの製造を行っている会社様からのご依頼です。

【経緯】

今まで使用している型は現場でその都度修正しているため、
正式なCADデータがないとのことです。
ウォータージェットでマットを切断するために、
金型の面を再現する事と、トリムラインをデータ化したいというご依頼でした。


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータ、トリムライン提出

【ワークサイズ】

金型(約2000×1500×700)

【測定日数】

2日

【測定内容】
サワテツではレーザートラッカーを使用してトリムラインを測定し、
アーム型ポータブル3次元測定器を使用してスキャンを行いました。
 
今回はお客様も最終的にどういうデータがあれば良いかということが、
はっきりとわからないということなので、まずはスキャンしたデータを基に、
サワテツでデータを修正した物を見て頂いて、詳細を詰めていきました。

サワテツが提出したデータでトライをしてみたところ、
最初に修正したデータで、ウォータージェットで使用するプログラム作成ができました。


リバースエンジニアリングのご紹介 👈ここをクリック