東京都 文房具金型 三次元測定 CNC三次元測定機

三菱鉛筆
2016年1月
今回は東京都にある大手文房具製作メーカー様からのご依頼です。
 
【経緯】
 
文房具の製作に使用する金型で成形時に不具合があったそうです。
そのため、金型の円筒と楕円の中心座標のズレを評価したいため、
測定委託できる会社を探していたそうです。

 


【測定方法】

CNC三次元測定機を使用し三次元測定

【ワークサイズ】

200㎜×50㎜×50㎜

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
製品が小さいので、サワテツに成形品と金型を送って頂き、
社内でCNC三次元測定機を使用して測定を行いました。

パイプ形状で円筒形状から楕円形状に変わっていく金型でした。
プローブを傾けて、内径を円筒で測定し、中心座標を求めます。

また、中心座標を求めるのではなく、決めたピッチ毎に測定していくことで、
円筒と楕円がどういう傾向になっているかというのも評価していきました。

あくまで、不具合の原因を知るためにご依頼頂いているので、
要望があった寸法だけではなく、不具合の解決に繋がるように、
できる限りの情報を出すことを心掛けて測定を行いました。
 


MEGA三次元測定の詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック