航空機治具の調整測定

2016年1月
今回は愛知県にある航空機の治具や金型などを作っている会社への出張測定です。
測定内容はレーザートラッカーを用いて、CADデータとの比較測定をしながら型を調整していき、最終的にCADデータの位置まで合わせます。
測定自体はさほど難しくないのですが、測定しては型を調整しての繰り返しなので、非常に時間がかかる測定です。

1月だけでもこのような測定を4回やらせて頂きました。
定期的にご依頼頂く会社様なので1個目よりも2個目と、なるべく早く終われるようにこれからも努力していきたいと思います。