神奈川県 航空機治具 比較測定 三次元測定 レーザートラッカー

イケックス 検査治具
2015年2月
今回は神奈川県にある航空機用の治具や金型を製作している会社様への出張測定でした。

【経緯】
 
自社でもレーザートラッカーを所有しているが、キャパを超えたため、
レーザートラッカーで出張測定をしてくれる会社を探していたそうです。
 
【測定方法】

CADデータとの比較測定と穴位置、ケガキ線測定です。

【ワークサイズ】

2500×100

【ワーク個数】

3台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
航空機で使用する検査治具の曲面部は、
CADデータとの比較測定を行い、穴位置、ケガキ線は三次元測定を行いました。

1か所からではレーザーが届かないため、色々な角度から測定を行う必要があります。
 

【調整測定】
 
持ち運びができる測定器のため、アッセンブリをする場所で測定をすることが可能です。
 
アーム型ポータブル三次元測定器はただ測定をするだけではなく、
設計値との誤差を見て、微調整に活用できます。

測定と調整をすぐに行うことができるため、工期短縮ができます。

 

→調整測定動画のご紹介

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。