航空機用金型の比較測定

2015年9月
今回は愛知県にある航空機の治具や金型などを作っている会社への出張測定です。
レーザートラッカーを用いて、CADデータとの比較測定を行いながら、少しずつ修正をしていくという測定になります。

弊社ホームページにも載せてありますが、一般的には比較測定はあまり知られていませんが、修正をする際は非常に役立つ測定方法です。
CADデータを正として測定ができるので、あとどれだけ動かせば設計値になるのかがリアルタイムで判断できます。
比較測定の説明動画:http://sokutei-sawatetsu.jp/2014/12/26/lt_cad/

測定自体は無事に終えることができましたが、測定して修正しての繰り返しになるので大変な測定です。