風車関係部品の三次元測定

風車部品2015年2月
今回は福岡県でのレーザートラッカーを用いての三次元測定になります。愛知県から福岡県ということで非常に遠いので移動が大変でした。
製品が2.5m程度あるので三次元測定機に乗らないため測定が出来ないということでした。
測定内容は中心の円筒と周りの円筒の同軸度、位置度の測定になります。
製品が非常に大きいため、違う穴を測定するたびに測定器を移動する必要がありました。
測定自体は難しいものではありませんでしたが、公差との関係上何度か確認のため測定を行ったりと想像以上に時間がかかる測定になりました。
※参考用CADのため、写真のものと実際の製品は異なります。