愛知県 航空宇宙 大型設備の校正 レーザートラッカー

大型設備の校正【レーザートラッカー・測定事例】
2012年12月

今回は愛知県の大手繊維メーカー様への出張測定でした。

【経緯】
 
現在、社内で使用している設備を1年に1度、校正目的で測定を行いたいということでした。
大型設備のため、今までは精度の確認をする方法がないと思っていたそうです。
 
ただし、しっかりと品質保証をするために、一度設備の測定をできる方法がないかと、
インターネットで検索していた際に、サワテツのHPを見つけてご連絡頂けました。
 


【測定方法】

レーザートラッカーを使用し三次元測定

【ワークサイズ】

3m×5m×2m

【測定日数】

1日

【測定内容】
 
主軸の先端にSMR(測定球)を設置し、設備内での同じ座標を移動前後に測定をする方法です。

レーザーの性質上、遮ってしまう物があると、1回では測定ができません。
そのため、どこにレーザートラッカーを設置するかを、
設備の動きをイメージして考える必要があります。
 
設備内では同じ座標になっていても、高精度で測定してみると、
1/100単位での誤差が出ることがあります。

お客様の設備の保証上、5/100までは許容値となるということで、
今回は全て許容値内に収まっておりました。

この測定は毎年1回依頼をして頂いており、大型設備の精度保証する上で非常に重要になってきています。
 

【三次元測定】
レーザートラッカーを使用すれば、現地で三次元座標を作成することが可能です。
 
今回のような大きい設備の三次元測定することも、
レーザートラッカーを使用をすれば可能となります。
 
座標を作成することで、距離や直径を測定できるのはもちろんのこと、
平面度、垂直度、同軸度、位置度などの幾何公差も測定できます。
 
1度座標を作成すれば、同じ座標のまま測定機を移動することも可能なので、
大きな設備でも測定することが可能です。

 

→三次元測定のご紹介

 
【サワテツの強み】
小さい製品であればマイクロメーターやノギスなどどいった測定器で測定できます。
また、誰が測定してもだいたい同じ測定値が出てきます。
 
ただ、大型設備は、測定すること自体が困難で、
測定方法によって測定値が大きく変わってきます。
 
・レーザートラッカーをどこに置くか?
・どこを基準にするか?
・何点で測定するか?
 などを考えて測定しないと測定値の保証ができません。
 
サワテツは、大物測定の経験が豊富です。
尚且つ、加工屋集団なので、加工に対する知識もあるため、

製品によって最適な測定ができます。