神奈川県 溶接治具 調整測定 アーム型ポータブル三次元測定器

自動車の溶接治具測定【アーム型ポータブル3次元測定器・測定事例】
2013年7月
今回は神奈川県で自動車用治具の製作会社様への出張測定でした。

【経緯】

自動車向け溶接治具は多くの部品をアッセンブリして製作します。
組付けて終わりではなく、測定しながら部品を微調整していく必要があります。
測定と調整を行ってくれる会社があまりなく、サワテツにご依頼頂きました。


【測定方法】

各部品を測定しながら調整していく調整測定

【ワークサイズ】

2000×1800

【ワーク個数】

1台

【測定日数】

2日

【測定内容】
 
治具の基準を測定し、座標系を作成します。
各部品を測定した結果を基に、シム調整を行います。
一度の調整ではなかなか公差内に収まらないことも多くあるため、
測定と調整を繰り返し行います。

最終的に全ての部品を再測定し、公差内に収まっているかを確認します。
 

 


調整測定の内容・動画のご紹介 👈ここをクリック

 
【サワテツの強み】

サワテツは様々な業界で数多くの測定実績があります。
そこでわかったことは、業界や測定物によって求められる測定要素が大きく異なります。

測定をするだけであれば、どこでもできますが、
測定+αができるのが、サワテツの強みです。

今回の測定でお客様に求められていたのは、測定するだけではなく、
各部品を設計値通りの位置に組み付けることでした。
 
その環境に応じて、
できる限りのことをするのが、サワテツの測定となります。