京都府 医療用部品 スキャン~リバースエンジニアリング

キャプチャ

2014年10月
今回は京都府で医療用設備の部品設計をしている会社様からのご依頼でした。
製品も小さいことから、サワテツに郵送して頂き、後日データを提出する流れになります。

【経緯】
 
図面やデータがなく、3Ⅾプリンターで作られた部品しかない状況でした。
今回はその部品のデータを取り、CADデータが欲しいというご要望がありました。
最終的にはお客様の方で、CADのデータを参考にし、
データ作成をしていくことになりました。
 


【測定方法】

スキャニング測定、IGESデータでの出力

【ワークサイズ】

50×50×250

【測定日数】

1日

【測定内容】

今回の部品は基準として使用できそうな箇所がないため、
できる限り1回で全ての箇所をスキャニングする必要がありました。
 
そのため、社内で測定用の治具を作成し、
多関節のアーム型ポータブル三次元測定器を使用してスキャニングを行いました。

その後、取得したデータ(今回はIGESデータ)を提出しました。
 


リバースエンジニアリングの詳しい内容・動画紹介 👈ここをクリック