トラック用金型の比較測定

アメリカ同じ愛知県内への出張測定に行ってきました。
レーザートラッカーでのトラックの金型のCADデータとの比較測定がありました。

だいたい2m四方の大型の金型になります。
この測定は良くあるのですが、大型の金型なので公差外になることもあります。
そうした時にすぐにどうなっているか状況を説明して修正に入って頂きます。

私どもはただできたものを測定するだけが測定ではないと考えています。
最終的に寸法公差に入るようにアドバイスをし、無事に納めるまでが測定だと思っています。

弊社の測定の強みとして、加工専門の会社なので、加工に対しての知識も有していますので、金型がどのような状態かというのを的確に指摘することができることで、
どう修正をすれば良いかを判断して頂くことが可能になっております。
※参考用CADのため、写真のものと実際の製品は異なります。